ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

7f9634483196cf960fdd0b58884dd49b[1]

はじめまして、「手当て整体 菊地屋」院長の菊地です。

当院では、子宮筋腫子宮内膜症子宮腺筋症卵巣のう腫生理痛月経前症候群(PMS)不妊症頭痛・偏頭痛更年期障害など、あらゆる婦人病に特化した施術を行っています。

当院の患者さんと接していて強く感じることでもあるのですが、世の中に目を向けてみても、漠然とした「生きづらさ」を感じている人が本当に沢山いるなぁと感じます。

その生きづらさの原因を探っていくと、大抵の場合、親や社会から埋め込まれ、何の疑いもせず信じている固定観念や、「~すべき」「~しなくてはいけない」といった偏った価値観が隠れていることがわかります。

特に、周囲に気を配りつつ「空気を読まなくてはいけない」という固定観念は、私たち日本人の心の中で圧倒的な存在感を持っているように感じます。

あまりにも、空気を読むことに縛られ過ぎると・・

・人と違うことをしたくても、自分の気持ちを主張できない。
・周囲の視線を気にしすぎる。
・自分と他人を比較しすぎる。
・ふつう(平均点)以下である自分が許せなくなるなど・・

さまざまな悩みを抱え込んでしまう方が少なくありません。

周囲に気を配ることは大切ですが、そもそも世の中には、相当無理をしながら生きている方々が多いわけでして・・

そのような人たちが周囲に沢山存在する中で空気を読むということは、つまり、「無理をしながら生きるのが当り前」「自分を抑圧するのが当り前」といった価値観の中に自分を閉じ込めることでもあるわけです。
これはかなり辛い生き方だと思います・・

実際に当院にお越しになる患者さんの中で、重い症状を抱えてらっしゃる方の多くは、「人間関係(特に家族)」に振り回され、苦労しながら生きてきた方ばかりですからね。

それだけ、空気を読まなくてはいけない・・という固定観念に縛られ続ける生き方はストレスフルであり、病気になってしまうほど辛い・・ということなのだと思います。

空気を読み続けることのリスク

多少疲れるくらいで済むのであればまだマシなんですが、問題はそれだけではないんです。

周囲の空気を読むということは、世間と同一化して、できるだけ目立たないようにしながら「ふつう」に生きていこうとする態度のことです。

これからの時代、こういったスタンスを取って生きることは、おそらく非常に危険だと思います。

その理由は、とてもシンプルであり残酷です。

ちょっと厳しい表現になってしまうのですが・・誰もが理解している現実問題として、ふつうの人は世の中に溢れているわけです。
そして、沢山いるということは、代わりを見つけることが比較的簡単ということでもある・・

今後、テクノロジーが急速に発展する中で、多くの仕事は機械化されていくと言われています。

機械化できないような仕事を見つけるにしても、そういったクリエイティブな仕事は、高度なスキルを持った一部の人が担当することになるでしょうし、それ以外の仕事を見つけるにしても、競争相手は、安い時給で雇うことができる外国人労働者の方々になる可能性が高いですからね。
(現在のコンビニや飲食店を見れば明らかです)

かなり厳しい競争になるのではないでしょうか。

あまりにも、固定観念に縛られ過ぎると、病気になってしまう可能性が高まるだけでなく、将来的には、仕事を続けていく上でも不利になる可能性がある・・

そう考えると、これからの時代において、私たちが盲目的に信仰してきた「空気を読んで行動するのが一番安全」という価値観を採用し続けることは、かなり危険な選択と言えるのではないかと思います。

固定観念を壊し、価値観を変える方法

これまで、「空気を読まなくてはいけない」という固定観念の危険性について書いてきましたが、それ以外にも、ものすごい数の固定観念に縛られながら、私たちは日々生活しています。

前述したように、固定観念に縛られ続ける生き方は、辛いだけではなく、その性質上、私たちの個性を奪う側面があります。

そのため、これからの時代の急速な変化に飲み込まれないようにするためにも、生きづらさの原因となっている可能性がある固定観念に関しては、どんどん壊していったほうがいいと思います。

では、これまで無条件に信じこんできた固定観念を壊し、固いアタマを柔軟するためには何をすればいいのでしょうか。

なんとも月並みで、説教臭い言葉になってしまうのですが・・おそらくそれは、

「ていねい(丁寧)に生きていく」

これに尽きるのではないかと思います。

ていねいに生きるということは、できるだけ世間や他人に流されることなく「自分の生き方を自分で選びながら生きていく」ということだと考えています。

自分で自分の生き方を選ぶために重要なことは、「何かを選ぶ時の基準となり土台となる価値観を見直す」ことです。

私たちが現在信じている固定観念や価値観のほとんどは、「親や世間から埋め込まれたもの」です。
その価値観を元に生きていく人生は、厳密に言うと、私たちが自ら望んで選んだ生き方とは言えません。

ですから、自分の生き方を選び、ていねいに生きていくためには、私たちの心の中にある固定観念や価値観を、改めて検証し直す必要があります。

例えば・・

・世間では結婚や出産を幸福の象徴のように言うけれど、それは本当なのだろうか?
・お金があれば幸せなのだろうか?
・友達が少ないことは不幸なのだろうか?
・自分の親の宗教を当たり前のように信じてきたが、これは本当に自分の意志なのだろうか?など。

世の中で常識とされていること、自分でも漠然と信じていた価値観などに対して、「本当にそうなのだろうか?」と検証してみるわけです。

検証した結果、その価値観を信じることでメリットがあると感じたのであれば、そのまま採用し続けてもいいですし、デメリットのほうが多いと感じたのであれば、できるだけ捨てるようにする。

新しい価値観に出会った時も同じです。
すぐに情報に流されてしまうのではなく、その価値観が自分の生き方にとって、プラスになるのかマイナスになるのかを検証し、必要そうであれば、それを選べばいいわけです。

「自分の中にある価値観、あるいは、新たに入ってくる価値観を検証し、いらないものは壊して再構築する。」

この作業を繰り返していくことで、心の新陳代謝が行われ、少しずつ「自分だけの生き方」が定まってきます。

決して簡単とは言えない作業ですが、大変だからこそ取り組むべきなんです。

空気を読み、周囲と合わせることに慣れ過ぎてしまっている方は、主体的に「自分で何かを選ぶ」ということが苦手である場合が多いものです。
そのため、価値観を検証し自分で選び取るという地道な努力をコツコツ継続していけば、判断力や決断力、または存在感において、周囲の人たちに差をつけることができるようになるはずです。

もしあなたが、自分の頭で物事を考えられる人、情報に振り回されない人、自分のペースが確立されている人、アイデアや世界観が独特な人など、いわゆる自分の軸を持っているような人たちを羨ましいと思う気持ちがあるのであれば、この地道な作業に取り組むべきだと思います。

そのような精神的に自立している人たちは、ほぼ間違いなく、この作業を自分に課しながら生きてきた人のはずですからね。

とはいえ、自分の心の中に当たり前に存在する固定観念や偏った価値観を壊していくことは、とても難しいことですから、少しでもお手伝いできることはないかと思い、このブログを立ち上げました。

読んでいただいた方の価値観を揺さぶり、ガチガチに固まった固定観念にヒビを入れ、価値観を広げるお手伝いができるような記事を書いていきたいと思っています。

また、私は治療家なので、ストレスがたまる価値観を変えていくことで、病気になる人が減ったり、病気を改善できる人が増えてくれたらいいなぁとも思っています。

まとめ

多くの人が感じている生きづらさの原因を探っていくと、大抵の場合、親や社会から埋め込まれた固定観念や、「~すべき」「~しなくてはいけない」といった偏った価値観が隠れている。

特に「空気を読まなくてはいけない」という価値観に縛られている人が多い。

空気を読み、世間に順応することに縛られ過ぎると、ストレスから病気になってしまう可能性が高まるだけでなく、将来的には、仕事を続けていく上でも不利になる可能性がある・・

固定観念を壊すためには「何かを選ぶ時の基準となり土台となる価値観を見直す」ことが大切。

自分の中にある価値観、あるいは新たに入ってくる価値観を検証し、いらないものは壊して再構築する。

この作業を繰り返していくことで、心の新陳代謝が行われ、少しずつ「自分だけの生き方」が定まってくる。

これが、自分で自分の生き方を選ぶということであり、人生をていねい(丁寧)に生きるということ。

姉妹ブログについて

婦人科系の病気と、共に生きていくために_cs5mini
婦人病を中心とした、さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法などを解説したブログです。
うつ病の治療として運動が有効であることからもわかるように、心と身体はつながっています。

生きづらさを感じている方は、身体的にも問題を抱えていることが多いので、精神的に変化していくためにも、日常的にセルフケアに取り組むことをおすすめします。
簡単で効果的なセルフケアの方法、ストレスをためないコツなどもお伝えしておりますので、是非参考にしてください。

最近、なんとなく体調が悪い・・
と感じているあなたへ
病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・
といったいわゆる不定愁訴や、子宮や卵巣の病気を
できるだけ薬に頼らずに改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

最近の記事

  1. jessica-weiller-75962
  2. andrew-branch-133678
  3. breno-machado-15214
  4. sebastien-marchand-9747
  5. phil-coffman-161240
  6. gabriel-santiago-1596
  7. 15541902_1021616867943136_2673176881571621500_n[1]
  8. jamie-macpherson-52809
  1. ds5nrbwffsi-larm-rmah

    人間関係

    他人と自分を比較して、落ち込んでしまいがちなあなたへ
  2. mike-enerio-33572

    世の中の流れ、風潮について

    助けて欲しいのは分かるけれど・・弱者としての立場を利用して、自分の権利を過剰に訴…
  3. kitsanoo-65241

    世の中の流れ、風潮について

    「自分は自分でしかなく、他の何者にもなれない」という現実を引き受けることの大切さ…
  4. h8nxgssjqxs-jonatan-pie[1]

    人から軽く扱われないために

    自分に自信が無い、自分が嫌いなら、とにかく行動を起こすしかない
  5. 3917568301_47752f7cc9_o

    考え方を変えて固定概念を壊す

    落し物や不注意のケガは、心身の不調を訴えるサインかもしれない
PAGE TOP