breno-machado-15214

ストレスマネジメント

人間関係のトラブルを激減させるコツ。言葉という道具を信用し過ぎてはいけない

世の中は言葉で溢れています。

今の時点では、情報伝達の手段として、言葉ほど便利なものはありませんから、これは自然なことだと思います。

しかし、私達が忘れがちなのは、言葉は道具でしかなく、本質的に重要なことは、「伝えるべき中身(情報)だ」ということです。

言葉=道具ということは、他の道具と同じく、「使い方がうまい人もいれば、下手な人もいます。」

使い方がうまい人が操る言葉は、発信側と受取側の間に、見解の違いが起こる可能性が少なく、使い方が下手な人の言葉は、しばしば行き違いを生みます。

自分が意図していたことと、全く違った受けとり方をされてしまい、トラブルに発展したという経験がある方は多いと思いますが、要するに、言葉の使い方がうまくない人は、「情報を正確に伝えることができない」わけです。

言葉を使いこなすことは意外と難しい

包丁の使い方が上手い人もいれば、下手な人もいるように、言葉を道具として捉えれば、その使い方に得手、不得手があるのは当然だということが分かると思います。

しかし、そのことに気付いている人は、そう多くありません。

それもそのはずで、多くの人は、論理的な思考力を必要とするような、小難しい会話なんて普段しませんからね。

何気ない日常的な会話だけで生きていると、特になんの問題もなく情報のやり取りができるので、「自分がどれくらい言葉を操る力を持っているか」なんて気にしないものです。

日本国内で普通に生きていれば、意思の疎通がうまくいかずに困るなんてことは、そうそうありませんし、「自分の気持ちや考えが、ちゃんと相手に伝わっているはずだと思い込んでしまう」人が多いのも無理はないと思います。

しかし、それはちょっと、「自分の言葉の力を信用し過ぎている」と思うんですよね。

おそらく「上手に言葉を操れている人なんて、ほんの一握り」で、ほとんどの人は、そこまでうまく言葉を使えていないんじゃないかと思うんです。

例えばあなたは、友達や恋人、結婚相手とケンカした時に、相手のどこが、どんな風に問題なのかを、上手に言語化して伝えることができますか?

または、自分がイライラしている時、その理由をパートナーにはっきり分かるように、言葉で伝えることができますか?

おそらく多くの人にとって、この作業は難しく感じるものだと思うんです。

そう感じるのも当前で、抽象的な思考を、言葉によって論理的に説明することは、日常的な会話とは異なり、非常に高度な言葉の技術を必要とするからです。

つまり「自分の感情や考えていることなど、そういうゴチャゴチャした抽象的なものを言葉にするのって、本当は滅茶苦茶難しい」ことなんですね。

言葉を鵜呑みにしないほうがトラブルを避けられる

ですから、日頃から、自分の気持ちや思考に注目して、言語化する訓練をしているような人でなければ、自分の頭の中、心の中のことを上手に伝えることはなかなかできません。

じゃあそういう訓練をしている人がどれくらいいるかというと、かなり少数派ですよね?

つまり、ほとんどの人は、「自分の感情や考えていることを言葉にする力が未熟である可能性が高い」んです。

このことをみんなが共有することができると、「人間関係のトラブルは激減する」と思うんですよね。

なぜなら、「自分の気持ちを言葉にすることは、みんな苦手なんだ」という共通認識があれば、言葉の裏側にある、「相手の本音」を探ろうとするじゃないですか。

そうなれば、ケンカになって、キツい言葉を浴びせられても、それが本音ではないことを感じ取れるだろうし。

優しい言葉ばかり使う人ほど、内面にグロテスクな本性を隠していることに気付けるようになっていくので、結果的に人間関係のトラブルが激減するはずなんです。

逆に言えば、人から言われた言葉を鵜呑みにして、そのままの意味で受け止めてしまうからこそ、くだらないトラブルが多くなるんじゃないでしょうか。

自分の気持ちや考えを、上手に言葉にできている人なんて、ほんの少数なんですから、「あまり真に受けないほうが無難」だと思います。

まとめ

言葉は道具でしかなく、本質的に重要なことは、伝えるべき中身(情報)である。

言葉=道具なので、他の道具と同じく、使い方がうまい人もいれば、下手な人もいる。

特に頭を使わずに済む日常会話の中では、問題なく情報のやり取りができるので、自分の言葉の技術がどれくらいのレベルなのか知らない人が多い。

しかし、自分の感情や考えていることなど、抽象的なものを言語化することは、実はとても難しいので、多くの人は、自分の感情や考えを言語化することが苦手=言葉という道具を上手く使えていない。

つまり、言葉を発信する側と受取側の間に、行き違いが起こることは当り前なので、「言葉を信用し過ぎるのではなく、その言葉の裏側にある本音を探ろうとすることが重要」

それができれば、結果的に人間関係のトラブルを激減するはず。

最近、なんとなく体調が悪い・・
と感じているあなたへ
病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・
といったいわゆる不定愁訴や、子宮や卵巣の病気を
できるだけ薬に頼らずに改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. eg9qfm3bhr4-athena-lam

    ストレスマネジメント

    パーソナル・スペースに侵入されることで蓄積する、無自覚のストレス

    都会に住んでいると、人と人との物理的な距離感が、異常なほど近くなり過ぎ…

  2. aleks-dorohovich-26
  3. scott-webb-142237

    人間関係

    まっとうな人間関係は、「自分と相手は全く違う生き物」だと理解するところから始まる。

    以前書いた、あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?という記…

  4. hyuxz6iqcwq-providence-doucet

    人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つありま…

  5. gabriel-santiago-1596

    ストレスマネジメント

    何かに迷った時や行き詰った時に便利な、極めてシンプルな思考法

    先日、ある患者さんから、マイホームを購入したというお話しを伺いました。…

  6. joshua-clay-27368

    人から軽く扱われないために

    環境が変わっても継続できる人間関係とは?本当の友達とは?

    これまで、特に問題なく続いていた人間関係が急に壊れてしまう・・そん…

最近の記事

  1. jessica-weiller-75962
  2. andrew-branch-133678
  3. breno-machado-15214
  4. sebastien-marchand-9747
  5. phil-coffman-161240
  6. gabriel-santiago-1596
  7. 15541902_1021616867943136_2673176881571621500_n[1]
  8. jamie-macpherson-52809
  1. yonatan-anugerah-210943

    物語から学ぶ

    あらゆる病気は心の問題が関係している。自分の殻を破ることの大切さ
  2. amos-bar-zeev-138099

    人間関係

    本当に親切な人=さりげない。親切なフリをしている人=わざとらしい
  3. ales-krivec-15949

    人から軽く扱われないために

    特別な能力を持っていない人の戦い方とは。自分の土俵で勝負することの大切さ。
  4. frank-mckenna-140054

    考え方を変えて固定概念を壊す

    あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?
  5. yetqklnhsui-matthew-henry[1]

    身体や病気についての知識

    仕事をやめると決めたら、症状がピタッと消えた!?相性が悪く、どんなに頑張っても成…
PAGE TOP