人間関係

  1. 夫婦、恋人、友人、親子、あらゆる人間関係に応用できる、関係を修復するための考え方

    以前、あるクライアントさんから、夫婦関係の問題を相談された時のメールのやり取りが、他の方にとっても、さまざまな人間関係を修復する手がかりになるのではないかと思い…

  2. サプライズをされて心底喜んでいる人って、実際はそんなに多くないと思う・・

    前回の記事で、善意に基づいた行動であっても、場合によっては、マイナスの結果を生む可能性があることを書きました。せっかく苦労して準備したサプライズで相…

  3. 善意に基づいた行動であっても、想像力が足りなければ、相手を傷つけることがある。

    前回の記事で、過剰に善意の押し売りをしてくる人がいたら、ちょっと注意した方がいいかもしれない・・ということを書きました。世の中には、善意に基づいた行動で…

  4. 過剰に善意の押し売りをしてくる人たちには、ちょっと注意。「偽物の善意」を見分けるコツ。

    以前、突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのかという記事を書きましたが、今回も相談がテーマの記事を書いていきたいと思います。誰…

  5. 突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのか

    あるクライアントさんから、相談の受け方について聞かれました。話を伺っていると、どうやらそのクライアントさんは、上手に言葉を操って、相手の考え方を変えてあ…

  6. 時には怒りを表明しなくてはならない時もあります

    前回の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分のためになるのか?」と自問することが大切だと書きました。注意してほしいのは、決して頭…

  7. 人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つあります。ざっくり言えば、「どんな人と付き合うか」という基準のことです。…

  8. 誰かに自分の気持ちを上手に伝えたい時、大切にすべきこと

    相手に自分の気持ちを伝えたい時、どんな方法を取るかによって、伝わり方が変わってくることを、私たちは経験的に知っています。例えば「あなたが好きだから付…

  9. 他人と自分を比較して、落ち込んでしまいがちなあなたへ

    「No.1にならなくてもいい もともと特別な Only one」そんな歌が好まれるご時世。(だいぶ古いですね・・)世間ではいつの間に…

  10. 趣味や価値観以外にも「生きるペース」が合うかどうかって、実は結構大切なんだと思います。

    最近、よく思うことがあります。それは、人にはそれぞれ「生きるペースがある」ということです。例えば、「いつかこうなりたい」という目標があっ…

  1. 人間関係

    人間関係を真剣に整理しないと、本当に大切な人を失ってしまうかもしれない・・
  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    人間関係のストレスを軽減すれば、病気の症状も緩和しやすくなる
  3. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「みんなと同じで安心」という感覚の危険性
  4. ストレスマネジメント

    自殺率と天気の関係。そもそも、私たちの気分や体調は不安定なもの。自分の不安定さを…
  5. 人から軽く扱われないために

    あらゆるメッセージは、「伝えたい誰か」がいて成立するもの。みんなに好かれようとす…
PAGE TOP