考え方を変えて固定概念を壊す

人間関係のストレスを軽減すれば、病気の症状も緩和しやすくなる

ご存知のように、現代社会は、ストレス社会と呼ばれ、ストレスは、あらゆる病気の原因となり得るものとされています。

どんなことでストレスを感じるかについては、個人差がありますが、代表的なものとして「人間関係」からくるストレスが挙げられるでしょう。

苦手だな~と思うような相手とは、できるだけ付き合わない。仕方なく付き合うなら、間に人を入れるなど、ある程度の距離感を取った方が無難です。

そういった防衛策を取らないで、長期間ストレスにさらされていると、無意識下に抑圧されたストレスが蓄積していき、感情や行動はもちろん、なんらかの症状(病気)として現れることも珍しくありません。

ここで、実際にあるクライアントさん(以下、Kさんとします)から聞いた話をご紹介したいと思います。

Kさんの頭痛

ある日、Kさんは、急な頭痛を感じたそうです。

当初は、半身浴でもすればすぐに治るだろうと、軽く考えていたようですが、時間が経ってもなかなか良くならず、結局その日は、薬を服用してなんとかごまかしたそうです。

そのまま治まれば大したことはありませんが、その後、この頭痛は一向に治まらず、数週間もKさんを苦しめることになります。

元々、ナチュラル思考で、あまり薬に頼るタイプではないKさんが、毎日薬を飲んでいたというのですから、かなり痛みがキツかったはずです。

「半身浴も冷えとりソックスも頑張っているのになぜ!?」と、不安にもなったでしょう。

そんなKさんの症状が緩和したのは、意外な行動がキッカケでした。

Kさんの知り合いに、性格的に多少問題がある方がいたそうです。
Kさん自身、ちょっと苦手だと思っていたそうですが、妙に慕ってくるので、それなりに相手をしていました。

すると、相手は仲良くなれたと思ったのか、かなりプライベートなことまで聞かれたり、余計なアドバイスを受けたりと、Kさんは、少しずつ、相手との付き合いをストレスに感じてきました。

しかし、根が優しいKさんは、相手の行動に怒りを覚えても、「この人にだって、良いところがある」「そのうち変わるかもしれない」と考えるようにし、なんとか我慢してきたそうです。

もうお気づきかもしれませんが、頭痛がパッタリ治まったのは、この相手との関係に限界を感じ、ハッキリと付き合いを解消した後でした。

Kさんご本人は、頭痛と人間関係からくるストレスをひも付けて考えてはいなかったようですが、あまりにもタイミングがピッタリだったので、後日、想像以上に我慢していたんだなと気付いたそうです。

人間関係を整理する必要性

これまでも、人間関係が整理されることで、クライアントさんの症状が緩和したという例は沢山見てきました。

例えば。

○苦手な同僚がいる部署からの移動。

○関係が冷え切っていた夫婦の離婚。

○干渉してくる両親と同居していた自宅から出る。

そういった環境の変化を経て、嘘のように症状が良くなってしまうといった話です。

人間関係からくるストレスは、それほど心身にダメージを与える可能性があるのです。

私の感覚では、この辺りの意識が希薄な方が多いように思います。
食生活の乱れや、身体の冷えなどのケアはしているのに、人間関係からくるストレスに対しては、なんの対策も考えていないという方が少なくありません。

仕事や家族間のストレスなど、ある程度、仕方ない部分はあるかもしれませんが(それでも、ストレスを軽減させる方法はいくらでもあります)、せめてプライベートな人間関係の中では、できるだけストレスの少ない付き合いをしたいものです。

周囲に苦手な人がいる場合はもちろんですが、明らかに嫌だとは思わなくとも、一緒に居てさほど楽しくもない、あまり得るものもない気がする・・というような相手がいる場合にも、Kさんのように、思い切って関係を整理してしまうのも手かもしれません。

現在、なんらかの症状で悩まれている方なら、人間関係を整理することで、総体的にストレスが減り、症状が緩和する可能性も高くなるはずです。






コロナ騒動による

不安やストレスで消耗している人のために


「ずっと無料で受けられる」

遠隔ヒーリングはじめました。


不安を軽減。免疫力活性化。睡眠の質の改善。消耗した「気」の補充。

ストレスマネジメント、セルフケア情報などを無料で提供しています。



数百人が同時に意識を交差させる一体感が魅力!?
「あなた」と「私」が空間を超えて助け合う

新しい発想の参加型・遠隔気功ヒーリング
詳しくは「こちら」をクリック

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 人間関係

    まっとうな人間関係は、「自分と相手は全く違う生き物」だと理解するところから始まる。

    以前書いた、あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?という記…

  2. ストレスマネジメント

    サプライズをされて心底喜んでいる人って、実際はそんなに多くないと思う・・

    前回の記事で、善意に基づいた行動であっても、場合によっては、マイナスの…

  3. 人間関係

    他人と自分を比較して、落ち込んでしまいがちなあなたへ

    「No.1にならなくてもいい もともと特別な Only one」…

  4. 世の中の流れ、風潮について

    23歳くらいの時に直面した、お金に関するショッキングな現実

    今から約10年前、たしか23~24歳くらいの時に、ふと現実って甘くない…

  5. ストレスマネジメント

    忍耐力とは、嫌なことを我慢し続ける力のことではないと思う

    大人は、物事を継続することの大切さを子供たちに教えようとします。…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

  1. 世の中の流れ、風潮について

    人と群れることなく、一人で生きていける人はニュータイプなのかもしれない
  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    人間関係のストレスを軽減すれば、病気の症状も緩和しやすくなる
  3. 自分に嘘をつかない生き方

    人間の生と死について、ここまで深く考えたことはありませんでした。
  4. ストレスマネジメント

    夫婦、恋人、友人、親子、あらゆる人間関係に応用できる、関係を修復するための考え方…
  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    その場のノリや感情で行動してしまい、長期的な視点での人生設計が苦手な人へ
PAGE TOP