考え方を変えて固定概念を壊す

「考えること」と「悩むこと」の違い

いつも、不安や悩みを抱えていたり、考え過ぎてしまうという人たちは少なくありません。

物を考えることは、決して悪いことではないのですが、考えることと悩むことは違います。

これは、私の個人的な定義なのですが、何かの問題を解決しようとしたり、より良く生きるためにはどうすればいいのか?など、なんらかのゴールに向かって、建設的に物事を見極めていくことが「考える」ということ。

そして、そのことを考えることで、ネガティブな気持ちになったり、過去を後悔するだけで、なんの目的もないような思考の働きを、「悩み」と定義しています。

要するに、その行為に目的やゴールがあるかによって、意味が変わってくるということです。

私は、建設的で意味があることだけが正しい・・
というような、極端な思想は危険だと思っていますので、悩むこと自体を否定する気はありません。

むしろ、若い人たちや、若い時にしっかり悩むことをしてこなかった人にとっては、時には「真面目に悩む」必要があるかもしれません。

ただ・・

自分がしていることが、建設的に考えていることなのか、はたまた、非生産的に悩んでいるのかどうかについては、自覚しておいた方が良いのではないかと思うのです。

自分の人生を、ある程度コントロールできる人は、往々にして、自分の考えや行動に自覚的です。

言い換えれば、「この考えや行動が、自分の未来に何をもたらすのか?」という想像力の精度が高いともいえるかもしれません。

では、うまくコントロールができていない人はというと・・

大抵の場合、今まで自分が何を考え、どう行動してきたかについて、ほとんど無自覚なことが多いのです。

厳しい言い方ですが、自覚していないからこそ、他人や社会制度、時代のせいしてしまったりもできる・・
(そういったものに原因が全くないわけではないでしょうが)

ですから、より良く生きたいと望むのであれば、自分が一体何をしているかについて自覚的でいる方が良いのではないかと思うのです。

あなたは考えていますか?

それとも、悩んでいますか?

自覚的に悩むことを選択しているのであれば、それはそれでその人の生き方ですし、他人があれこれ言うべきではないと思います。

しかし、無自覚でやっていることであれば、その行為について、もう少し掘り下げられる可能性もあるのではないでしょうか。

悩みから、考えることに切り替えていく

私は、しょっちゅう考え事をしていますが、たまには悩むこともあります。

そして、しばらくそういう状態が続くと、ハッと我に帰り、自分が悩んでいることに気付きます。

そのことに気付いた後は、なんてムダな時間を使ってしまったんだと悔やみ、その悩みの原因を、具体的にどう解決すればいいのかを「考え始めます」。

とはいえ、私は決して悩んではいけないなどとは思っていません。

大切な人を亡くしたり、仕事がうまくいかなかったり、本当に辛い時には、誰でも悩むものです。

しかし、やはり、いつかは悩みの種と正面から向き合い、戦わなくてはいけない日がくるはずです。

そして、その戦いの始まりこそが、「考える」ことなのだと思います。

つまり、その悩みを、どう解決すればよいかを具体的に考え始めるのです。






コロナ騒動による

不安やストレスで消耗している人のために


「ずっと無料で受けられる」

遠隔ヒーリングはじめました。


不安を軽減。免疫力活性化。睡眠の質の改善。消耗した「気」の補充。

ストレスマネジメント、セルフケア情報などを無料で提供しています。



数百人が同時に意識を交差させる一体感が魅力!?
「あなた」と「私」が空間を超えて助け合う

新しい発想の参加型・遠隔気功ヒーリング
詳しくは「こちら」をクリック

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 世の中の流れ、風潮について

    インターネットが生み出した、偽物が淘汰されていく社会について考えてみる

    最近、改めてインターネットって本当に便利だなと感じています。…

  2. 人間関係

    「助けてあげたい」という気持ちの裏に隠れている(かもしれない)歪んだ正義

    突然ですが、あなたは自分の家族や友人が、(一般的に考えて)辛い状況、例…

  3. 世の中の流れ、風潮について

    自分の頭で考え、行動することができない人や、教えられたことしかできない人が多い理由

    これだけ情報が多い世の中では、騙されたり、振り回されないようにするため…

  4. 物語から学ぶ

    あらゆる病気は心の問題が関係している。自分の殻を破ることの大切さ

    心が叫びたがってるんだ。から学ぶ、自分の殻を破ることの大切さ…

  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    依存的な人、自信が無い人の多くが、自分の行動に責任を持てない(持たない)理由

    前回の記事で、精神的に自立するために、また、自分に自信を持つためには、…

  6. ストレスマネジメント

    過剰に善意の押し売りをしてくる人たちには、ちょっと注意。「偽物の善意」を見分けるコツ。

    以前、突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのかと…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

  1. 人間関係

    他人と自分を比較して、落ち込んでしまいがちなあなたへ
  2. 人間関係

    本当に親切な人=さりげない。親切なフリをしている人=わざとらしい
  3. ストレスマネジメント

    怒りをコントロールするコツ
  4. 世の中の流れ、風潮について

    一昔前の「普通の生活」を今実現しようとすると、結構努力しないと難しいらしい。普通…
  5. ストレスマネジメント

    ストレスを総量で捉え、少しでも軽減できるように工夫する
PAGE TOP