考え方を変えて固定概念を壊す

「努力しなくては結果は出せない」という発想の危険性

世の中には、努力してうまくいくことと、努力ではどうにもならないことがあります。

しかし、なぜか「何事も努力しないと上達しない、結果を出せない」と思っている方が結構います。

そういう方は、何か上手くいかないことがあると、何かと努力に結び付けようとする傾向があり、場合によっては、それを他人にも押し付けてくることがあります。

自分の両親や上司がこういった根性論タイプだと、付いていくほうはかなり大変だと思います・・

努力しないと結果が出せないという思い込みは、呪いになってしまうかもしれない

努力すれば上手くいくというストーリーは、さまざまな神話、映画、小説などで繰り返し語られていている話型ですから、それが多くの人の価値観に刷り込まれているのは当然といえば当然です。

しかし、場合によっては、この価値観が「ある種の呪いとなり、自分や他者の可能性を狭めることがある」ので、気をつける必要があります。

人間は基本的に、自分自身の「思考の枠組みから外に出ることはできません。」

つまりそれは、自分が全く想像もできないようなことはできないということであり、言い換えれば、「物事の限界は自分が作っている」ということです。

この限界は実際、とんでもなく強固なもので、思考の枠組みを壊し、再構築しない限り、なかなか突破できるものではありません。

ですから、自分は不幸な人間だと思っている方は、見事に不幸なままの人生を過ごすことになるでしょうし、病気が治らないと思っている方は、実際にそうなってしまうでしょう。

実際、努力しなくても結果を出せるケースはいくらでもある

努力の話に戻ります。

思考の枠組みという観点からみると、何事も努力しないと上達しない、結果を出せないと思い込んでいる方は、逆に考えると「努力しないで結果を出せる可能性を見落としていることになる」わけです。

努力なしで結果が出ることなんてありえない!と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
むしろ、「努力してしまうと、結果が出せなくなるケース」というものがあり得るんです。

例えば、たった1つのキーワードが頭に浮かんだだけで、これまで苦労していたさまざまな問題がいっぺんに解決できたというようなケースです。

大抵、こういったインスピレーションは、リラックスした精神状態の時に現れるもので、努力しなきゃならない!とガツガツしている方のところには、なかなか降りてきてくれません。

どちらかと言えば、直観や感性といった、努力と対極にある能力によっえ導き出されるものだからです。

努力すればなんとかなるという思い込みは、もはやファンタジーでしかない

いかがでしょう。
「必ずしも努力すればするほど結果が出せるわけでもない」ことがお分かりいただけたでしょうか。

もしあなたが、自分の子どもや部下、クライアントに「努力しろ!」と言い続けているようでしたら、改めて、その言葉の意味を考察してみる必要があるかもしれません。

とはいえ、もちろん努力すべきではないと言っているわけではありません。

当然、努力が必要な場面も沢山あるわけですが、だからといって、努力すれば誰でも結果が出せるという考え方は、根性論を越えて、もはやファンタジーです・・

現実の世界では、「努力しないと結果を出せない時もあれば、努力しなくても結果が出せることもある」わけですから、自分が置かれている環境を分析し、努力の仕方を冷静に考えていく必要があるのではないでしょうか。

ということで、努力すればなんとかなるという価値観は幻想だし、それに縛られていると、逆に可能性が狭まることもあるというお話でした。






コロナ騒動による

不安やストレスで消耗している人のために


「ずっと無料で受けられる」

遠隔ヒーリングはじめました。


不安を軽減。免疫力活性化。睡眠の質の改善。消耗した「気」の補充。

ストレスマネジメント、セルフケア情報などを無料で提供しています。



数百人が同時に意識を交差させる一体感が魅力!?
「あなた」と「私」が空間を超えて助け合う

新しい発想の参加型・遠隔気功ヒーリング
詳しくは「こちら」をクリック

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. ストレスマネジメント

    どんな辛いことだって、考え方次第でどうにでもなるという話

    2016年の9月に、当整体院のマンションで現在排水管の工事が行われまし…

  2. 世の中の流れ、風潮について

    インターネットが生み出した、偽物が淘汰されていく社会について考えてみる

    最近、改めてインターネットって本当に便利だなと感じています。…

  3. ストレスマネジメント

    忍耐力とは、嫌なことを我慢し続ける力のことではないと思う

    大人は、物事を継続することの大切さを子供たちに教えようとします。…

  4. ストレスマネジメント

    たまに調子が出ない時があっても、自分を責めるべきではない理由

    前回、調子が悪い時や、やる気が出ない時も、過ごし方によっては「収穫の時…

  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分に自信を持てるようになる、遠回りで現実的な方法

    以前の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分の…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

  1. 人間関係

    誰かに自分の気持ちを上手に伝えたい時、大切にすべきこと
  2. 人から軽く扱われないために

    友達が多いほうが楽しくて幸せという幻想について
  3. 人から軽く扱われないために

    美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス
  4. 人から軽く扱われないために

    何かに行き詰まった時、人生なんて「自作自演の映画づくりのような物」なんだと考えて…
  5. 世の中の流れ、風潮について

    助けて欲しいのは分かるけれど・・弱者としての立場を利用して、自分の権利を過剰に訴…
PAGE TOP