ストレスマネジメント

周囲からどう見られるかを気にし過ぎてしまう方へ。過剰な自意識が、あなたの可能性を閉ざしてしまう理由

auto-wloci61

ダヴ・リアルビューティースケッチ | あなたは自分が思うよりもずっと美しい

いつも、「周囲からどう見られているか」ということばかり気になってしまう・・という方にご覧いただきたい動画です。

「心温まる」とか「思わず目頭が熱くなる」など、感動の動画としてあちこちで評判になっているようですが、それだけで終わってしまうにはもったいない動画です。

3分間の短い動画ですので、是非ご覧になってください。

中学生のころの私について

ということで、勝手ながら、動画を観てもらったという前提で、話を進めさせてもらいます。

この動画を見て、私たちが気づくべきポイントは、「自意識が過剰すぎると、生きづらくなる」ということです。

私は中学生のころ、思春期らしいとはいえ、それはもう自意識の塊でした。

授業が終わるとトイレの鏡の前に向かい、髪型をチェックしないと気が済みませんでしたし、あらゆる鏡の前を通ると、周囲にばれない程度に、チラッと自分の姿を確認していたほどです。
(誰も見てないのに・・)

髪型を変えた次の日や、新しく買った帽子を初めてかぶった時など、周囲にどう思われるかが気になって仕方がありませんでした。
(誰も見てないのに・・)

今となっては、ずいぶん周りの目を気にしていたものだな・・と、恥ずかしくも懐かしい思い出です。

通常こういった過剰な自意識は、歳をとっていくことで減っていく傾向にあります。

しかし、いくつになっても、自分がどう見られているか。どう評価されているか。
そんなことばかりを気にしてしまう方がいるのも事実です。

これは相当しんどい生き方だと思います。

自意識過剰な人=自分のことばかり考えてしまう人

自意識が過剰な人の多くは、文字通り、いつも自分のことばかり意識しています。

だからこそ、自分の嫌なところがいつも気になるわけです。

自分のマイナス面を「いつも凝視している」のですから、そりゃあ辛いに決まっています。

器用な人であれば、他のことに意識を移すことで、気分転換できたり、忘れたりできるはずですが、自意識が過剰な人はそれができない・・

何をどうすれば、過剰な自意識を抑えることができるのか、はっきりした回答を持っているわけではありませんが、個人的に、有効な手段は2つあると思っています。

過剰な自意識をコントロールする方法

1つ目の方法 「何か熱中できるものを見つける」

熱中できるものを持っている人は、他人からどう思われるかを気にしないことが多いものです。

なぜなら、そんなことよりも、「自分が熱中しているものの方が大切」だからです。

熱中できるまではいかなくても、何か趣味を見つけるのも良いでしょう。

重要なのは、自分にばかり向かっている意識を、少しでも「外に向けること」です。

2つ目の方法 「他者の話に耳を傾け、受け入れる」

自意識が過剰な人の多くは、あまり他人の意見を聞こうとしません。
聞いたとしても、それを受け入れようとしない傾向があるような気がします。

この状況は、自分だけの世界に閉じこもっているようなものです。

他者の意見を受け入れるということは、ある意味、自分の世界に異物が侵入するようなものなので、なんとなく不安を感じるのも分かりますが、このままでは他者から学ぶことができなくなってしまいます。

他者の意見や価値観を受け入れない限り、なかなか自分の価値観を変えることはできません。

まとめ。とにかく自意識過剰な人は生きづらい・・

自意識が過剰すぎると、自分の嫌なところばかり気になってしまったり、自分の世界を守るため、他者の意見や価値観を受け入れられなくなってしまう傾向があります。

一言でいえば、とにかく「生きづらい」わけです。

私も、自意識の塊だった中学生のころは、かなり生きづらい感覚がありましたが、歳を取るにつれ、どんどんラクになってきています。

個人的な想いとしては、自意識過剰な自分をコントロールするスキルを学んでいったほうが、人生がラクになるのではないかと思います。

そのための方法論として、「何か熱中できるものを見つける」「他者の話に耳を傾け、受け入れる」の2つを挙げてみましたが、その理由としては、自意識過剰な人=自分のことばかり考えてしまう人だからです。

要するに「自分以外の何かに意識を向ける訓練」をすれば、過剰な自意識をコントロールすることができるのではないかと思います。

最近、なんとなく体調が悪い・・
と感じているあなたへ
病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・
といったいわゆる不定愁訴や、子宮や卵巣の病気を
できるだけ薬に頼らずに改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. ストレスマネジメント

    夫婦、恋人、友人、親子、あらゆる人間関係に応用できる、関係を修復するための考え方

    以前、ある患者さんから、夫婦関係の問題を相談された時のメールのやり取り…

  2. ストレスマネジメント

    時には怒りを表明しなくてはならない時もあります

    前回の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分の…

  3. ストレスマネジメント

    嫌な事が起こった時、妙な迷信のせいにしてしまうことの危険性

    突然ですが、大切なものを失くしてしまったり、嫌なことがあった時、あなた…

  4. ストレスマネジメント

    迷惑なほど香水をつけすぎている人について

    先日、ある患者さんとの会話の中で、香水の話になりました。…

  5. ストレスマネジメント

    明らかに自分が間違っているのに、なぜか謝ろうとしない人の心理

    あなたも経験があると思いますが、自分と違った価値観を持っている人に対し…

  6. ストレスマネジメント

    事前に対応することでストレスを回避する。雪が降った次の日に感じたこと。

    前の日に降った雪がかなり積もった道を歩いていたら、駅までのたった5~6…

最近の記事

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分に自信を持てるようになる、遠回りで現実的な方法
  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    地域に病院がないほうが死亡率が下がる!?夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のス…
  3. ストレスマネジメント

    サプライズをされて心底喜んでいる人って、実際はそんなに多くないと思う・・
  4. 人間関係

    趣味や価値観以外にも「生きるペース」が合うかどうかって、実は結構大切なんだと思い…
  5. 世の中の流れ、風潮について

    プライドが高いという言葉の本当の意味。プライドと自己愛を混同してる人が多い気がし…
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught Error: [] operator not supported for strings in /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php:150 Stack trace: #0 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php(167): HighlightSearchTerms::get_search_query() #1 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/class-wp-hook.php(286): HighlightSearchTerms::print_script('') #2 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/class-wp-hook.php(310): WP_Hook->apply_filters('', Array) #3 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/plugin.php(453): WP_Hook->do_action(Array) #4 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/general-template.php(2630): do_action('wp_footer') #5 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/themes/mag_tcd036/footer.php(94): wp_footer() #6 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/k in /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php on line 150