ストレスマネジメント

時には怒りを表明しなくてはならない時もあります

前回の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分のためになるのか?」と自問することが大切だと書きました。

注意してほしいのは、決して頭ごなしに「怒ることが悪いとはいっていない」ということです。

生きていれば、怒りを表明しなくてはならない場面は結構あります。

都合よく利用しようとしてくる人、騙そうとしてくる人、見下してくるような人や、自分の大切な人を傷つけようとする人に対しては、自分の誇りを守るためにも、怒りを表明する必要があります。
(とはいえ、感情的に怒るのではなく、できるだけ冷静に言葉で伝えた方が無難ですが)

そういった場面で、相手と揉めるのが嫌だからといって怒らないでいると、人はいつしか、その怒りを抑圧し、見てみないふりをするようになります。

そして、その抑圧した感情から目をそらすため、人はしばしば自己正当化を行います。

例えば、怒りの感情を表さないのは、無理に我慢しているからではなく、自分が「温厚な人、忍耐力がある人、いい人、常識的な人」だからだと思い込むのです。

つまり、怒れないのではなく、自分は高尚な人間なので「怒らないだけなんだ」と正当化するわけですね。

このような感情の抑圧、そこからの正当化という流れは、程度の差はあれ誰にでも起きていることです。

しかし、抑圧しているものが大きくなり過ぎると、高い確率で心身の病気を引き起こすので危険です。

ですから、どんな時でも感情を抑えなくてはいけないというわけではありません。

あくまでも、これから起こそうとしている行動が「自分のためになるのか?」と自問し、感情が爆発する前にいったん立ち止まることが大切だということです。

立ち止まって考えた結果、感情を表明することを「自ら選ぶ」のであれば、それはそれでなんの問題もないのです。

プロのカウンセラーやコーチも認める
独自のカウンセリングと


人間にとって最も自然で
本能的に受け入れやすい安全な施術法で


心と身体を同時にケアしてみませんか?

睡眠障害、頭痛、脳疲労、婦人病、冷え
などでお悩みの方や
ストレスをコントロールできるようになりたい方におすすめの整体院です。
整体+カウンセリング→新しい整体院のかたち
手当て整体 菊地屋

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. ストレスマネジメント

    最悪の選択を避けるためにも知っておきたい人間の最も根元的な欲望とは?

    赤ちゃんはよく泣きます。お腹が空いた時、眠い時、おむつ…

  2. ストレスマネジメント

    怒りをコントロールするコツ

    先日の雨の日、家の近くのコンビニに寄った時のことです。会計が終…

  3. ストレスマネジメント

    善意に基づいた行動であっても、想像力が足りなければ、相手を傷つけることがある。

    前回の記事で、過剰に善意の押し売りをしてくる人がいたら、ちょっと注意し…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. ストレスマネジメント

    明らかに自分が間違っているのに、なぜか謝ろうとしない人の心理
  2. ストレスマネジメント

    怒りをコントロールするコツ
  3. ストレスマネジメント

    パーソナル・スペースに侵入されることで蓄積する、無自覚のストレス
  4. ストレスマネジメント

    迷惑なほど香水をつけすぎている人について
  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分を変えたいと思った時、目の前に立ちはだかる恐怖心という壁
PAGE TOP