考え方を変えて固定概念を壊す

自分に自信を持てるようになる、遠回りで現実的な方法

以前の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分のためになるのか?」と自問することが大切だと書きました。

しかし、立ち止まった時の問いかけ方は「自分のためになるのか?」でなくても構いません。

例えば、目標とする人がいるなら「こういう時あの人ならどうするだろう?」でもいいですし、「ここで怒るのは自分のポリシーに反してないか?」でもいい。

重要なのは問いかけ方ではなく、いったん立ち止まって考え、その後の行動を「自覚的に行う」という点にあります。

例えば以下のような感じです。

いつも自分を振り回す人にイラッときたら、
「これは黙っていたら、さらに漬け込まれそうだな・・」
→よし怒りを表明しよう

自分の子供のわがままに対してイラッときたら、
「このわがままは、本当は甘えたいというサインなのかも」
→子供のためにも、自分のためにもいったん怒りを抑えて対話してみよう

上司の理不尽さに対してイラッときたら、
「ここで怒ったら後々絶対マズイよな・・」
→ここはぐっとこらえて、後で同僚に愚痴を聞いてもらおう

友人のデリカシーのない言葉で自分の目標や夢をバカにされたら、
「ここで言い返せないような意志が弱い人間じゃ、そもそも夢なんて叶えられないだろうな・・」
→仲が悪くなってしまうかもしれないけれど、自分の夢の実現のためにも気持ちを伝えよう・・・・など。

上記のように、いったん立ち止まって考えた上での行動には、「それを選んだのは自分なんだ」というはっきりした自覚が伴います。

そして、その自覚的な行動は、「その後の結果がどんなものであれ、それを引き受けるのは自分だ」という責任感に繋がっていきます。

さらに、この責任感は、周囲に振り回されることなく生きるための自立心を養い、精神的自立は、私たちに自信という武器を与えてくれます。

まとめると、自覚的な行動 ⇒ 責任感 ⇒ 自立心 ⇒ 自信という流れになります。

つまり、精神的に自立するために、また、自信を持てるようになるためには、まずは「自覚的に行動することが重要」であり、その自覚を生むための方法論として、「いったん立ち止まり、自分に問いかけるという導入部分が必要になってくる」わけです。

いったん立ち止まることを意識するだけで、怒りをコントロールしやすくなるだけでなく、自分の行動に責任を持てるようになり、その結果として、自信がついてくるわけですから、自分に自信を持ちたいと思っている方には、是非、お試しいただきたいと思います。

遠回りですが、結局、こういう地味な訓練を繰り返すことが大切なんだと思います。

プロのカウンセラーやコーチも認める
独自のカウンセリングと


人間にとって最も自然で
本能的に受け入れやすい安全な施術法で


心と身体を同時にケアしてみませんか?

睡眠障害、頭痛、脳疲労、婦人病、冷え
などでお悩みの方や
ストレスをコントロールできるようになりたい方におすすめの整体院です。
整体+カウンセリング→新しい整体院のかたち
手当て整体 菊地屋

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 人間関係

    他人と自分を比較して、落ち込んでしまいがちなあなたへ

    「No.1にならなくてもいい もともと特別な Only one」…

  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「考えること」と「悩むこと」の違い

    いつも、不安や悩みを抱えていたり、考え過ぎてしまうという人たちは少なく…

  3. 人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つありま…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 人間関係

    あえて相手を傷つけることで大切なことを伝える荒療治
  2. 世の中の流れ、風潮について

    人と群れることなく、一人で生きていける人はニュータイプなのかもしれない
  3. ストレスマネジメント

    明らかに自分が間違っているのに、なぜか謝ろうとしない人の心理
  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    依存的な人、自信が無い人の多くが、自分の行動に責任を持てない(持たない)理由
  5. ストレスマネジメント

    パーソナル・スペースに侵入されることで蓄積する、無自覚のストレス
PAGE TOP