考え方を変えて固定概念を壊す

依存的な人、自信が無い人の多くが、自分の行動に責任を持てない(持たない)理由

前回の記事で、精神的に自立するために、また、自分に自信を持つためには、まず自覚的に行動することが重要だと書きました。

まとめると、自覚的な行動 ⇒ 責任感 ⇒ 自立心 ⇒ 自信という流れになります。

この流れだけみても、自覚的な行動が、なぜ自立心や自信を生むのか分かりづらいと思いますので、視点を変えて、「無自覚な行動」と「自信がない人の心理」に焦点を当てて考えてみます。

依存的な人、自信がない人の心理や行動

自分に自信がない人は、その自信の無さ故に、自分の考えを信じて行動することができません。

そのため、周囲の意見や、世間の大多数が信じる価値観に振り回されてしまう傾向があります。

自分の考えを信じるのが不安なので、「他者や世間の考えを採用した方が安心」だと思い込んでしまうわけです。

例えば、極端なレベルで自分に自信を持てず、依存的なタイプの人が、自称霊能者から「あなたには悪い霊が憑いている。病気が治らないのはそのためでしょう」と言われたとします。

そこで、言われた通りに高額なお祓いをお願いしてみたけれど、さっぱり病気は治らない。

当の依頼者は、騙された!と霊能者に怒りをぶつけようとするでしょう。

人の不安につけ込もうとした霊能者が悪いのは言うまでもありません。
しかし、この依頼者は、重大なことを見落としています。

それは、その霊能者を選んだのは自分であり、「その選択の責任は自分にある」という当たり前の事実です。

10対0で依頼者が悪いとまでは言いません。

しかし、少なくとも、その霊能者を選んだ責任の一部が自分にあると考え、今後の教訓にしなくてはいけないと思うくらいの自覚は持つべきでしょう。

自覚的に行動していないからこそ、自分の行動にも無責任でいられる

しかし、他者に依存することが、骨の髄まで染み込んでしまっている人は、誰かに振り回されたり、騙されたりと、何度も失敗を繰り返しているにも関わらず、それを選択した自分の責任については、不思議なほど無自覚であったりします・・

なぜ、そこまで自分の行動に無責任になれるのでしょう?

なぜ、自分の人生がうまくいかないことを、世間や他者のせいにするのでしょう?

おそらくその理由の一つは、「自覚的に行動していない」という点です。

これまで、何度も繰り返してきていますが、自覚的に行動するためには、その行動の前に「いったん立ち止まり、考える」ことが大切です。

さきほどの例えでいえば、霊能者にお祓いを依頼する前に、「本当にこれで病気が治るんだろうか?」と考えるということです。

もし依頼者が、それくらいの冷静さを持っていれば、そもそも、霊能者に頼ることも無かったかもしれません。

仮に依頼して、結果がだめだったとしても、考えた上での行動であれば、程度の差はあれ「自分で選んだことだし仕方がない・・」と思うくらいの責任感は生まれるでしょうから、その後の怒りや後悔も、それなりに受け入れられるはずです。

ここから分かることは、どちらに転んだとしても、「自分の頭で考え、自覚的に行動した方が良い結果につながる」ということです。

多少極端な例ではありますが、依存的で自分に自信がない人の心理や行動について、具体例をあげて考えてみました。

自分の行動に無自覚であることが、結果的に、依存心や自信の無さを強化していることがお分かりいただけたでしょうか。

まとめると、自分の行動に無自覚 ⇒ 責任の放棄(誰かのせいにする) ⇒ 自立できない(依存的) ⇒ 自信を持てない 
という流れになります。

まさに、自覚的な行動 ⇒ 責任感 ⇒ 自立心 ⇒ 自信という流れの逆ですよね。

実際、精神的に自立できていない人を観察してみると、行動の動機が、なんとなく・・みんながそう言っているから・・
といった適当な理由であることが多いものです。

つまり、自分の人生に対する自覚や責任感が、そのまま人格として現れてしまう傾向があるのだと思います。

自立心を持ち、それなりの自信を持っている人をよく観察してみてください。
大抵の場合、そういう人たちは、「自分で自分の生き方を決めるんだ」という意思を持ち、自覚的に行動しているはずです。

簡単なことではないかもしれませんが、少しずつ自分の意思で自覚的に行動する意識を持ってみてはいかがでしょうか。
その意識さえ持てれば、必ず精神的に変化していくはずです。

シンプルで
心地いい


心地いいから
シンプルになれる


手当て整体
最新の記事は菊地屋のホームページ内ブログのほうで更新しています。こちらをクリック!

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分に自信を持てるようになる、遠回りで現実的な方法

    以前の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分の…

  2. 人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つありま…

  3. 物語から学ぶ

    生きるって、簡単じゃない。そう思えるのは戦ってる証拠

    アニメ、灰と幻想のグリムガルから学ぶ、真剣に生きるということの大切さ…

  4. ストレスマネジメント

    怒りをコントロールするコツ

    先日の雨の日、家の近くのコンビニに寄った時のことです。会計が終…

  5. 人から軽く扱われないために

    美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス

    マイ・インターンから学ぶ、美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス…

  6. 世の中の流れ、風潮について

    プライドが高いという言葉の本当の意味。プライドと自己愛を混同してる人が多い気がします

    プライドが高いという言葉の裏側には、「あの人は面倒くさい」とか、「わが…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 物語から学ぶ

    生きるって、簡単じゃない。そう思えるのは戦ってる証拠
  2. 人間関係

    突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのか
  3. 世の中の流れ、風潮について

    過去と現在のカリスマ美容師の在り方と、インターネットの関係
  4. 世の中の流れ、風潮について

    助けて欲しいのは分かるけれど・・弱者としての立場を利用して、自分の権利を過剰に訴…
  5. 人から軽く扱われないために

    友達が多いほうが楽しくて幸せという幻想について
PAGE TOP