考え方を変えて固定概念を壊す

なぜ幸せを感じれない人たちが多いのか?幸せを感じるためにはどうすればいいのか?

今の時代、お金を持っていたり、容姿端麗だったり、勉強ができたり、そういった分かりやすい武器を持っている人は、世間から羨ましがられる傾向にあります。

しかし、そういった才能を持っている人でも、自分のことを不幸だと感じている人も少なくありません。

自分よりもはるかに恵まれていると思える人が、些細なことで悩み、不幸そうにしているのを見たとしたら、「なんて贅沢なんだ!自分がどれだけ恵まれているのか、なぜ分からないんだ!」という気持ちになる方もいるはずです。

しかし、どんなに恵まれているように見える人でも、自分は不幸だと感じている時点で、やはりそれは不幸なのだと思います。

何を幸福と感じるかが、人それぞれ違うように、「何を不幸と感じるかも人それぞれ」ですからね。

その反面、あまり自由に使えるお金がなく、質素な暮らしをしていたり、秀でた武器を持っていなくても、自分は幸せだと感じながら生きている人もいるわけですが、なぜこのような差が生まれるのでしょう。

幸せの種と、幸せを感じる感受性について

私は個人的に、この差は「幸せを感知する感受性の問題」によって生まれるものなのではないかと考えています。

経済力やルックス、学力の高さは現代において大きな武器となりますが、そういった武器は、あくまでも幸せを感じるための「種」でしかなく、その才能を持っていることと、「幸せを感じる才能は別もの」なのです。

つまり、どんなに世間的に羨ましがられるような武器を持っている人でも、「そのことを幸せだと感じる才能」が無ければ、その人は十分不幸になれてしまうということです。

ですから、幸せが向こうからやってくるなんてことは嘘で、「幸せをこちらから迎えにいくことができる感受性」を育んでいかなければ、幸福を感じることは難しいんです。

ということは、世間的に羨ましがられるような才能を持っていない人であっても、幸せを感じるための感受性が強ければ、日々のちょっとした幸せを沢山見つけることができるはずで、結果的に、総合的な幸福量が大きくなる可能性があるということです。

そう考えてみると、世の中の見え方も結構変わってきますよね。

私たちは、自分よりも恵まれているように見える人に嫉妬したり、羨ましがったりしてしまいがちですが、幸せそうに見えるからといって、その人が「本当に幸せかどうかは、全く別問題」ということですからね・・

本当に幸せな人ってどんな人?

結論からいうと、結局のところ、「どんな環境で生きていようと、自分は幸せだと思っている人が最高に幸せな人」なんです。

断言しますが、どんなに才能があろうと、人からチヤホヤされようと、精神的な幸福感が少ない人は幸せな人ではありません。

ですから、誰もができるだけ幸せを沢山感じれるように生きるべきで、そのためには、日常生活の中で「幸せの感受性を高める訓練をしていくことが重要」だと考えています。

日々の生活というものは、基本的に地味で代わり映えのないものですから、大きな幸せなんて、そうそう感じれないのが普通でしょう。
しかし、ちょっとした幸せであれば、探そうと思えば以外と見つかるものですからね。

ちょっとした幸せであれば、「探そうと思えば」いくらでも見つかる

個人的な話になりますが、例えば、先日の休みの日、一日中家でゴロゴロしていたんですが、とても贅沢で気持ちの良い休日だったなぁと感じたんですね。

一日中寝ていたりすると、時間をムダにした・・と罪悪感を感じる方も少なくないようですが、「何もしないということを選んだ」と思えば、こんなに贅沢な休日の過ごし方って、他にあまり無いんじゃないかと思うんです。

それ以外にも、日向ぼっこをしている時、なんとなくぼーっとしている時、お風呂や温泉にゆっくり入っている時、精神的にリラックスしている時、疲れた日に飲む一杯目のビール。電車の座席に座れた時。美味しいごはん。家族や友人との集まり。クライアントさんと何気ない会話をしている時など。

小さな幸せなんて、「探そうと思えば」いくらでも見つかるんじゃないでしょうか。

まあ、探そうと思えば・・ですが。

おそらく、そういう「ちょっとした幸せの欠片を、地道に集めようとする作業を繰り返すことが、人生を豊かにする最強の奥義」なんじゃないかなと思うので、日々の生活の中で、そういうちょっとした幸せを見つけるようにしてみると、結果的に幸せの感受性も高まってくるのではないでしょうか。

残念ながら、何もせずただ待っている人のところに幸せはやってきません・・
重要なことは、どんな環境にいても、できるだけ自分から「幸せを迎えにいこうとする意識を持つこと」だと思うんです。

ですから実際は、幸せを「感じることができない人」が多いのではなく、幸せを「感じようとしない人」が多いだけなのだと思います。

この違いについて、頭ではなく、腑に落ちるレベル理解することができた人は、間違いなく人生が変わるはずです。

まとめ

どんなに世間的に羨ましがられるような武器を持っている人でも、そのことを幸せだと感じる才能が無ければ、幸せを感じることはできない。

どんな環境で生きていようと、自分は幸せだと思っている人が一番幸せな人。

幸せをの感受性を、日常の中で高めていくことが重要。

シンプルで
心地いい


心地いいから
シンプルになれる


手当て整体
最新の記事は菊地屋のホームページ内ブログのほうで更新しています。こちらをクリック!

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 世の中の流れ、風潮について

    ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

    はじめまして、手当て整体 菊地屋※院長の菊地です。(※プロのカ…

  2. 人間関係

    まっとうな人間関係は、「自分と相手は全く違う生き物」だと理解するところから始まる。

    以前書いた、あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?という記…

  3. 世の中の流れ、風潮について

    マズローの欲求5段階説を参考に、実感としての幸福量を増大させるコツを考えてみた

    前回の記事(最悪の選択を避けるためにも知っておきたい人間の最も根元的な…

  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    人間関係のストレスを軽減すれば、病気の症状も緩和しやすくなる

    ご存知のように、現代社会は、ストレス社会と呼ばれ、ストレスは、あらゆる…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. ストレスマネジメント

    人間関係のトラブルを激減させるコツ。言葉という道具を信用し過ぎてはいけない
  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    依存的な人、自信が無い人の多くが、自分の行動に責任を持てない(持たない)理由
  3. ストレスマネジメント

    事前に対応することでストレスを回避する。雪が降った次の日に感じたこと。
  4. ストレスマネジメント

    自殺率と天気の関係。そもそも、私たちの気分や体調は不安定なもの。自分の不安定さを…
  5. 人から軽く扱われないために

    環境が変わっても継続できる人間関係とは?本当の友達とは?
PAGE TOP