物語から学ぶ

月並みだけど、何気ない毎日を大切にすることはとても大切だと思う。映画「アバウト・タイム」から学ぶ毎日の過ごし方。

先日、沖縄旅行から帰ってきました。

国際通りは深夜まで賑やかで、街全体が生きているような印象を受けました。

街のエネルギーに当てられたのか、テンションが高く、とても楽しそうにしている人が多かった気がします。

話は変わりますが、私たち日本人は、「人生を楽しもうとする気持ちが少ない」ように思えます。

旅行先などで、いつもより気分が盛り上がり、アグレッシブに楽しもうとする人は少なくないかもしれませんが、何気ない日常の中ではどうでしょう。

大抵の場合、日々の生活というものは、地味で代わり映えのないものです。

そういった生活の中に、何らかの意味を見出し、味わおうとする意欲を持っているでしょうか?

人生を楽しむという言葉に違和感があるようでしたら、「毎日を大切にする」と言い換えてもいいかもしれません。

あまりにも使い古されていて、恥ずかしいほど手垢まみれの言葉ではありますが、やはり、毎日を大切にするという気持ちは大切だと思います。

毎日を大切にするとはいえ、ストイックになる必要はない

ただ・・

毎日を大切にしましょうと言うと、完璧主義的な人や、言葉の雰囲気に流されやすい人などは、すぐにストイックな方向に進もうとします。

例えば、休みの日に、無理矢理予定を詰め込んだり、過剰な筋トレや食事制限を行うようなことが、毎日を大切にすることだと思い込んでしまいます。

たしかに、そういった努力は自分への投資になることもあるでしょう。

しかし、「毎日努力すべきだ!」「日々を充実させなくては!」と自分を追い込んでストイックな生活を送ったとしても、「結局生きづらさが増すだけ」ではないでしょうか・・

個人的には、毎日を大切にする生き方って、そんなに型にはまった、わざとらしいものではないと思うんですよね。

なんというか、良いことも悪いことも、その日起こった出来事を大切に味わおうとするような生き方のことなんじゃないかなと・・

ちょっと想像してもらいたいんですが、もしも、今日が人生最後の日になるとしたら、みなさんはどう行動しますか?

おそらく、今日起こった出来事を、丁寧に味わおうとする意識が芽生えてくるのではないでしょうか。

そして、大切な人と接する時間、趣味の時間、好物を味わう時間などはもちろん、いつもは全く意識していなかった街の風景や、五感から入ってくる何気ない刺激に対してさえも、なんとなく貴重なものとして認識されるはずです。

では、人生最後の日をストイックに過ごそうとする人は、どれくらいいるでしょう。
おそらく、そんな人はあまりいないですよね。

結局、そういう型にはまった生き方って、なんとなく嘘くさいというか、結局、他人や社会の目を過剰に意識しているだけなのでは・・・と思えてしまいます。

毎日を大切にする生き方っていうのは、おそらくもっと地味なものなんじゃないでしょうか。

それは、代わり映えのない毎日でさえも、できるだけ大切に味わおうとする。

たぶん、そんな感じの生き方のことを言うのではないかと思います。

具体的にどんな生き方なのか知りたい方に、おすすめの教材があります。

アバウト・タイム

この映画を観れば、何気ない毎日を大切にするって、なるほど、そういうことね・・と思えるはずです。

やさしい気持ち、穏やかな気持ちになりたいという方にもおすすめの映画です。






コロナ騒動による

不安やストレスで消耗している人のために


「ずっと無料で受けられる」

遠隔ヒーリングはじめました。


不安を軽減。免疫力活性化。睡眠の質の改善。消耗した「気」の補充。

ストレスマネジメント、セルフケア情報などを無料で提供しています。



数百人が同時に意識を交差させる一体感が魅力!?
「あなた」と「私」が空間を超えて助け合う

新しい発想の参加型・遠隔気功ヒーリング
詳しくは「こちら」をクリック

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 物語から学ぶ

    あらゆる病気は心の問題が関係している。自分の殻を破ることの大切さ

    心が叫びたがってるんだ。から学ぶ、自分の殻を破ることの大切さ…

  2. 人間関係

    本当に親切な人=さりげない。親切なフリをしている人=わざとらしい

    足を骨折してしまい、しばらく施術をお休みしていたクライアントさん(以下…

  3. 人から軽く扱われないために

    友達が多いほうが楽しくて幸せという幻想について

    「ぼっち」という言葉が物語っている通り、世の中には、一人ぼっち=不幸と…

  4. 人間関係

    まっとうな人間関係は、「自分と相手は全く違う生き物」だと理解するところから始まる。

    以前書いた、あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?という記…

  5. ストレスマネジメント

    たまに調子が出ない時があっても、自分を責めるべきではない理由

    前回、調子が悪い時や、やる気が出ない時も、過ごし方によっては「収穫の時…

  6. 考え方を変えて固定概念を壊す

    なぜ幸せを感じれない人たちが多いのか?幸せを感じるためにはどうすればいいのか?

    今の時代、お金を持っていたり、容姿端麗だったり、勉強ができたり、そうい…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

  1. ストレスマネジメント

    明らかに自分が間違っているのに、なぜか謝ろうとしない人の心理
  2. ストレスマネジメント

    自殺率と天気の関係。そもそも、私たちの気分や体調は不安定なもの。自分の不安定さを…
  3. 世の中の流れ、風潮について

    過去と現在のカリスマ美容師の在り方と、インターネットの関係
  4. 人間関係

    本当に親切な人=さりげない。親切なフリをしている人=わざとらしい
  5. 人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う
PAGE TOP