roman-kraft-197672

考え方を変えて固定概念を壊す

これまで、なんとなく送り返していただけだったので、年賀状を書くことをやめました。

実は私は、仕事でもプライベートでも、こちらから年賀状を送ることは一切ありません。
(基本的に、年賀状以外のハガキや冊子のようなものも送りません)

年賀状を送るという文化は、日本人らしい素敵なものだとは思うのですが、どうにも、年賀状を書くという行為が苦手です・・

いや、苦手という表現は、オブラートに包み過ぎかもしれません。
正直に言えば、ものすごく面倒くさいわけです・・

下世話な話ですが、治療院の業界では、年賀状はもちろん、院内新聞のような冊子を患者さんに送ることは、リピートの可能性を高めるということで、マーケティング的にも重要とされていまして。

そういうメリットを考えると、送ったほうが無難なんだろうなとは思うんですけどね・・
年賀状に関しては、どうしても気持ちが乗らないわけです・・

とはいえ、去年までは、送っていただいた年賀状に関しては、「こんな下手くそな字で、しかも、何の面白みもない文章でいいのだろうか・・」と悩みながらもちゃんと送り返していました。

しかし、今年からそれも辞めることにしました。

真剣に年賀状の必要性について考えてみたけれど・・

考えれば考えるほど、年賀状を送る理由が分からなくなってしまったんです・・

面倒くさくても、やらなくてはならないことだってあるだろ!
という声が聞こえてきそうですが、私も、もちろんそれは理解しています。

しかし今の時代、年賀状を書くことが、やらなくてはいけないことに当たるとは思えないんです。

患者さんとの接点は、メルマガとメールのやり取りで十分ですし、人間関係を継続させていくために必要と言われても・・

LINEやメールで、いくらでも簡単に連絡が取れる現代で、一年に一度、年賀状のやり取りだけで繋がっている人間関係って、そもそも既に終わってますしね・・

そう考えると、年賀状じゃないとできないことなど、そうそう無いと思うんです。

もし、私がサラリーマンだったとしたら、送った方が無難なんでしょうが、幸いにして、私は個人事業主ですし、年賀状を返さなかったとしても、個別にお会いした時やメールなどでお礼をすれば問題ないだろうと思いました。

年賀状にメール返信なんて失礼じゃないか!と思う方もいるかもしれません。

たしかに、そうかもしれませんが、それなりの信頼関係が結ばれていれば、年賀状を返さないくらいで関係が崩れることはないと思います。

初めから、こういった記事を読んでいれば、あの人はそういう人だから・・で終わりますしね。

年賀状を書くことをやめた本当の理由

いろいろとご託を並べてみましたが、年賀状を書くことを辞めようと思った本当の理由は、「今まで、なんとなく雰囲気で出していた自分に気付いてしまった」からです。

要するに、これまでの私は「みんなやってるからなんとなく出していた」だけだったんですね。

そのことに気付いてしまった後、これは日頃自分が言っていることに反するし、なんかカッコ悪っ!・・と思ってしまったんです。

私はこれまで、~しなければいけない。とか、~すべき。という感覚で生きていくのは危険だと思いますよ。とういう趣旨の記事を沢山書いてきましたからね。

偉そうにそんなことを言ってるんだから、自分がそれを実行しないなんてダサすぎますからね・・

これはいかんと思ったわけです。

ということで、私が次に年賀状を書くとすれば、それは、なんとなくではなく、本当に必要だと判断した場合か、単純に書きたい気持ちになった時になるかと思います。

年賀状に限ったことではありませんが、私たちは、なんとなく・・だけで続けてきていることが少なくありません。

本当に必要なのか?

と自分に問いかけてみる機会も大切なのかもしれません。

追伸

前述したように、年賀状は日本人らしい素晴らしい文化だと思っていますし、年賀状を書いた方が良いと思っている方は、どんどん出せば良いと思います。

しかし、実はそこまで出したくない・・なんとなく出しているだけ・・という方の場合は、リスクを考慮した上で辞めてみるのも一つの選択肢といえます。

面倒だけど、出した方が無難なんだよな・・と思うなら、それはそれでいいのです。

それは、リスクを回避するための自覚的な選択ですからね。

あくまでも、私のように辞めてもリスクが少ないなら、辞めてもいいんじゃないですか?
というだけの話です。

ああ、そういえば、我ままな話ですが、書くのは面倒でも、もらうことが嫌なわけではありません。

患者さんのお子さんやペットの写真を見れたり、近況を報告してもらえるのは嬉しいものです。

まあ、お礼は直接お会いした時かメールになりますが(笑)

それでもよろしければ、年賀状大歓迎です。

最近、なんとなく体調が悪い・・
と感じているあなたへ
病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・
といったいわゆる不定愁訴や、子宮や卵巣の病気を
できるだけ薬に頼らずに改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. h8nxgssjqxs-jonatan-pie[1]

    人から軽く扱われないために

    自分に自信が無い、自分が嫌いなら、とにかく行動を起こすしかない

    当院のカルテには、性格で直したいろころは?という項目があります。…

  2. andrew-branch-133678
  3. hyuxz6iqcwq-providence-doucet

    人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つありま…

  4. tndvfkxkbho-igor-kasalovic[1]

    ストレスマネジメント

    気持ちが落ち込んでいる時ほど、外の世界を真剣に見てみるといいと思う

    今日のお昼ごろ、なんとなく視線を上げてみたら、空が真っ青なことに気付き…

  5. dmitry-sovyak-303050
  6. picjumbo.com_IMG_6640

最近の記事

  1. paul-earle-183430
  2. anthony-intraversato-257182
  3. aaron-benson-200753
  4. eberhard-grossgasteiger-299348
  5. dmitry-sovyak-303050
  6. jessica-weiller-75962
  7. andrew-branch-133678
  8. breno-machado-15214
  1. sweet-ice-cream-photography-210852

    世の中の流れ、風潮について

    変わり者が世界を変える。いや、変わり者しか世界を変えられない
  2. efucatqfbli-hugo-matilla

    考え方を変えて固定概念を壊す

    「努力しなくては結果は出せない」という発想の危険性
  3. w_9moguwr08-todd-desantis

    考え方を変えて固定概念を壊す

    先入観を減らし、物事を俯瞰して見ることの重要性
  4. tpv9dh822va-stefan-stefancik[1]

    ストレスマネジメント

    ストレスを総量で捉え、少しでも軽減できるように工夫する
  5. jos6t2qzfhq-karina-carvalho

    考え方を変えて固定概念を壊す

    「考えること」と「悩むこと」の違い
PAGE TOP