考え方を変えて固定概念を壊す

これまで、なんとなく送り返していただけだったので、年賀状を書くことをやめました。

実は私は、仕事でもプライベートでも、こちらから年賀状を送ることは一切ありません。
(基本的に、年賀状以外のハガキや冊子のようなものも送りません)

年賀状を送るという文化は、日本人らしい素敵なものだとは思うのですが、どうにも、年賀状を書くという行為が苦手です・・

いや、苦手という表現は、オブラートに包み過ぎかもしれません。
正直に言えば、ものすごく面倒くさいわけです・・

下世話な話ですが、整体院の業界では、年賀状はもちろん、院内新聞のような冊子をクライアントさんに送ることは、リピートの可能性を高めるということで、マーケティング的にも重要とされていまして。

そういうメリットを考えると、送ったほうが無難なんだろうなとは思うんですけどね・・
年賀状に関しては、どうしても気持ちが乗らないわけです・・

とはいえ、去年までは、送っていただいた年賀状に関しては、「こんな下手くそな字で、しかも、何の面白みもない文章でいいのだろうか・・」と悩みながらもちゃんと送り返していました。

しかし、今年からそれも辞めることにしました。

真剣に年賀状の必要性について考えてみたけれど・・

考えれば考えるほど、年賀状を送る理由が分からなくなってしまったんです・・

面倒くさくても、やらなくてはならないことだってあるだろ!
という声が聞こえてきそうですが、私も、もちろんそれは理解しています。

しかし今の時代、年賀状を書くことが、やらなくてはいけないことに当たるとは思えないんです。

クライアントさんとの接点は、メルマガとメールのやり取りで十分ですし、人間関係を継続させていくために必要と言われても・・

LINEやメールで、いくらでも簡単に連絡が取れる現代で、一年に一度、年賀状のやり取りだけで繋がっている人間関係って、そもそも既に終わってますしね・・

そう考えると、年賀状じゃないとできないことなど、そうそう無いと思うんです。

もし、私がサラリーマンだったとしたら、送った方が無難なんでしょうが、幸いにして、私は個人事業主ですし、年賀状を返さなかったとしても、個別にお会いした時やメールなどでお礼をすれば問題ないだろうと思いました。

年賀状にメール返信なんて失礼じゃないか!と思う方もいるかもしれません。

たしかに、そうかもしれませんが、それなりの信頼関係が結ばれていれば、年賀状を返さないくらいで関係が崩れることはないと思います。

初めから、こういった記事を読んでいれば、あの人はそういう人だから・・で終わりますしね。

年賀状を書くことをやめた本当の理由

いろいろとご託を並べてみましたが、年賀状を書くことを辞めようと思った本当の理由は、「今まで、なんとなく雰囲気で出していた自分に気付いてしまった」からです。

要するに、これまでの私は「みんなやってるからなんとなく出していた」だけだったんですね。

そのことに気付いてしまった後、これは日頃自分が言っていることに反するし、なんかカッコ悪っ!・・と思ってしまったんです。

私はこれまで、~しなければいけない。とか、~すべき。という感覚で生きていくのは危険だと思いますよ。とういう趣旨の記事を沢山書いてきましたからね。

偉そうにそんなことを言ってるんだから、自分がそれを実行しないなんてダサすぎますからね・・

これはいかんと思ったわけです。

ということで、私が次に年賀状を書くとすれば、それは、なんとなくではなく、本当に必要だと判断した場合か、単純に書きたい気持ちになった時になるかと思います。

年賀状に限ったことではありませんが、私たちは、なんとなく・・だけで続けてきていることが少なくありません。

本当に必要なのか?

と自分に問いかけてみる機会も大切なのかもしれません。

追伸

前述したように、年賀状は日本人らしい素晴らしい文化だと思っていますし、年賀状を書いた方が良いと思っている方は、どんどん出せば良いと思います。

しかし、実はそこまで出したくない・・なんとなく出しているだけ・・という方の場合は、リスクを考慮した上で辞めてみるのも一つの選択肢といえます。

面倒だけど、出した方が無難なんだよな・・と思うなら、それはそれでいいのです。

それは、リスクを回避するための自覚的な選択ですからね。

あくまでも、私のように辞めてもリスクが少ないなら、辞めてもいいんじゃないですか?
というだけの話です。

ああ、そういえば、我ままな話ですが、書くのは面倒でも、もらうことが嫌なわけではありません。

クライアントさんのお子さんやペットの写真を見れたり、近況を報告してもらえるのは嬉しいものです。

まあ、お礼は直接お会いした時かメールになりますが(笑)

それでもよろしければ、年賀状大歓迎です。

シンプルで
心地いい


心地いいから
シンプルになれる


手当て整体
最新の記事は菊地屋のホームページ内ブログのほうで更新しています。こちらをクリック!

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つありま…

  2. 人間関係

    本当に親切な人=さりげない。親切なフリをしている人=わざとらしい

    足を骨折してしまい、しばらく施術をお休みしていたクライアントさん(以下…

  3. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「考えること」と「悩むこと」の違い

    いつも、不安や悩みを抱えていたり、考え過ぎてしまうという人たちは少なく…

  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分に自信を持てるようになる、遠回りで現実的な方法

    以前の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分の…

  5. 物語から学ぶ

    生きるって、簡単じゃない。そう思えるのは戦ってる証拠

    アニメ、灰と幻想のグリムガルから学ぶ、真剣に生きるということの大切さ…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 物語から学ぶ

    生きるって、簡単じゃない。そう思えるのは戦ってる証拠
  2. ストレスマネジメント

    本当の優しさとは? 自分を犠牲にしてまで人に優しくしてはいけない理由
  3. 人間関係

    「助けてあげたい」という気持ちの裏に隠れている(かもしれない)歪んだ正義
  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    地域に病院がないほうが死亡率が下がる!?夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のス…
  5. 人間関係

    誰かに自分の気持ちを上手に伝えたい時、大切にすべきこと
PAGE TOP