考え方を変えて固定概念を壊す

あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?

2016年のお正月は、タレントのべッキーさんと、某バンドメンバーの不倫騒動でメディアはお祭り騒ぎでした。

基本的に、他人の不倫の話なんてどうでもいいのですが、あのべッキーさんの不倫騒動ということで、当時はいつもより興味深くテレビをみていました。

無理にいい人を演じ続けている人特有の不自然さ

というのも、ずいぶん前からテレビで見るべッキーさんに対して、不自然な印象を持っていて、悪い意味で、興味を引く人物だったからです。

私は職業柄、不自然な人と出会ったりすると、その人の心理面を分析したくなってしまうという・・
ある意味、職業病ともいえる癖があります。

不自然さとは、大抵の場合、その人が発している雰囲気の中の「何かが過剰」、もしくは、「何かが極端に不足している」時に、漠然とした印象として、「なんだかこの人、不自然なんだよな・・」と感じるものです。

個人的には、べッキーさんはおそらく、「いい人間であるべき」とか「いつもポジティブであるべき」など、〇〇しなければいけない・・〇〇すべき・・といった、自分への縛りや思い込みが過剰な人なんだろうと分析していました。

そういったタイプの方は、無意識的に、世間や周囲が望む自分を演じながら生きてしまうため、一般的に抑圧傾向が強く、ストレスもたまりやすいものですから、「こういう生き方はキツイだろうな・・」と、勝手に心配していました。

そんな矢先に、あの騒動が起こったわけですが、そのことを初めてテレビで知った時、私の第一声は、一緒にテレビを見ていた嫁さんに向かって発した「べッキーにとっては、これで良かったのかもね・・」という言葉でした。

あの問題が起こったことで、ある意味、彼女の心が自分自身に課していた、さまざまなルールを壊す良い機会になるようにも思えたからです。
(もちろん、不倫を肯定しているわけではありませんけどね)

なぜなら、あんな問題を起こしてしまったからには、それ以降、無理矢理いい人として振る舞う必要がなくなる(できなくなる)からです。

つまり、「いい人であるべき」という、不自然な生き方から解放されたということでもありますから、長期的に考えれば、彼女にとってプラスになる面もあったのではないかと。

無理矢理いい人を演じ続けていると、抑圧した感情が爆発してしまうかもしれない・・

今回、普段は書かないゴシップネタの記事を書いたのは、世の中には、べッキーさんのように、「自分はこうあるべき」という固定観念に縛られ、自分を抑圧している人がとても多いからです。

自分を抑圧し続けていくと、いつか、何らかの形で感情が暴走してしまうかもしれません・・

普段、抑圧している人の感情が爆発すると、通常ではあり得ないような異常な行動を起こすことがあります。
(いつも大人しい人が、急にキレてしまって暴力事件を起こすとか、社会的地位が高い人が、魔がさして痴漢してしまう・・など)

べッキーさんの行動も、もしかすると、抑圧した感情の暴走だったのではないかなと思えてなりません・・

当時、タレントとしての彼女の価値は相当高かったですからね。

冷静に考えれば、あんな軽率な行動をして、どれだけ多くの人間に迷惑をかけるかは想像できたはずですから。

ということで、あまり自分を抑圧し過ぎていると、思いもよらないところでしっぺ返しが来るかもしれませんので、「自分も無理にいい人を演じているかも・・」と思う人は、ストレスを発散できる方法を見つけることをおすすめします。

方法が分からないようであれば、とにかく身体のケアに力を入れてみてください。
心と身体は繋がっているので、体調が良くなれば、精神的にもずいぶんラクになるはずです。

最近、なんとなく体調が悪い・・
と感じているあなたへ
病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・
といったいわゆる不定愁訴や、子宮や卵巣の病気を
できるだけ薬に頼らずに改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つありま…

  2. 人から軽く扱われないために

    特別な能力を持っていない人の戦い方とは。自分の土俵で勝負することの大切さ。

    人気アニメ、昭和元禄落語心中から学ぶ「自分の土俵で勝負することの大切さ…

  3. 自分に嘘をつかない生き方

    人間の生と死について、ここまで深く考えたことはありませんでした。

    普通、新年最初に書くブログには、新年の目標や抱負について書くのが一般的…

  4. 人から軽く扱われないために

    自分に自信が無い、自分が嫌いなら、とにかく行動を起こすしかない

    当院のカルテには、性格で直したいろころは?という項目があります。…

最近の記事

  1. 人から軽く扱われないために

    環境が変わっても継続できる人間関係とは?本当の友達とは?
  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「努力しなくては結果は出せない」という発想の危険性
  3. ストレスマネジメント

    時には怒りを表明しなくてはならない時もあります
  4. 人から軽く扱われないために

    あらゆるメッセージは、「伝えたい誰か」がいて成立するもの。みんなに好かれようとす…
  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    落し物や不注意のケガは、心身の不調を訴えるサインかもしれない
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught Error: [] operator not supported for strings in /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php:150 Stack trace: #0 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php(167): HighlightSearchTerms::get_search_query() #1 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/class-wp-hook.php(286): HighlightSearchTerms::print_script('') #2 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/class-wp-hook.php(310): WP_Hook->apply_filters('', Array) #3 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/plugin.php(453): WP_Hook->do_action(Array) #4 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/general-template.php(2630): do_action('wp_footer') #5 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/themes/mag_tcd036/footer.php(94): wp_footer() #6 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/k in /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php on line 150