人から軽く扱われないために

心の中に軸をつくる

私はあまり人の言うことを聞きません・・

ポジティブに捉えればそれは、情報に振り回され難いということでもあるかもしれませんが、悪く言えば、融通の利かないということでもあります。

しかし、自分が興味を持てる人を見つけることができれば、進んでその人から学ぼうとする気持ちは強い方だと思います。

読書で言えば、私は興味をもった著者がいると、とりあえず飽きるまで、その人の本をどんどん読みます。

それ以外にも、その著者はどんな人で何が趣味なのか、ブログはあるのかなど、いろいろと調べてみて、あらゆる方向から情報を集めます。

こういった作業を繰り返していると、興味を持った人物が自分の中に取り込まれてくる感覚があります。

実際、興味を持った相手から、強い影響を受けている期間、私の書く文章や発言は、明らかに、その人物に近くなっていく自覚があります。

これまでの自分が壊れ、新らしい自分が再構築される感覚は、何度味わってもとても刺激的な体験です。

心の軸を育てるための方法

「再構築する」というプロセスが大切です。

ごっそり入れ替えるとか、取り替えるとか、そういうことではなく、自分の考え方や価値観という軸はそのままにして、その軸に肉付けしたり、そぎ落としたりするイメージです。

しかし、世の中見渡すと、それができない人が多いように思えます。

例えば、誰かの本ではこう言っていたけど、次に読んだ本では正反対のことを言っていた。
どっちが本当なんだろう・・と、新しい情報を知る度に、振り回され続けてしまう。

自分の軸が無いので、すぐ情報に振り回されることになるんですね。

精神的な軸を構築するための最低条件は、「私はこう思う」という意思を持っていることです。

そして、自分はこう思っているけど、その考えや価値観は間違っていないのだろうか?
もっと、より良い考え方があるんじゃないか?と疑問を持ち、検証と実験を繰り返します。

そういった試行錯誤を繰り返すことで、少しずつ、自分の哲学や美学=自分の軸が構築されていくのだと思います。

自分には精神的な軸がない・・と思う人は、とりあえず、さまざまな物や現象、人を、「好きか嫌いかに分けてみる」ことから始めてみてはいかがでしょう。

好き嫌いをしっかり認識することで、だんだん自分が何を思い、考えているのかが分かってくるはずです。






コロナ騒動による

不安やストレスで消耗している人のために


「ずっと無料で受けられる」

遠隔ヒーリングはじめました。


不安を軽減。免疫力活性化。睡眠の質の改善。消耗した「気」の補充。

ストレスマネジメント、セルフケア情報などを無料で提供しています。



数百人が同時に意識を交差させる一体感が魅力!?
「あなた」と「私」が空間を超えて助け合う

新しい発想の参加型・遠隔気功ヒーリング
詳しくは「こちら」をクリック

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 世の中の流れ、風潮について

    インターネットが生み出した、偽物が淘汰されていく社会について考えてみる

    最近、改めてインターネットって本当に便利だなと感じています。…

  2. 世の中の流れ、風潮について

    過去と現在のカリスマ美容師の在り方と、インターネットの関係

    久しぶりに美容院へ行ってきました。いつも結んでいる(寝る時でさえ)…

  3. 考え方を変えて固定概念を壊す

    人間関係のストレスを軽減すれば、病気の症状も緩和しやすくなる

    ご存知のように、現代社会は、ストレス社会と呼ばれ、ストレスは、あらゆる…

  4. 人から軽く扱われないために

    美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス

    マイ・インターンから学ぶ、美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    これまで、なんとなく送り返していただけだったので、年賀状を書くことをやめました。…
  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    目標や計画を立てることは必ずしも良いことなのだろうか
  3. 人から軽く扱われないために

    言葉に重みがない人は信頼され難い・・言葉の重みの正体とは。腑に落ちるという体験の…
  4. 世の中の流れ、風潮について

    自分に似合わないことはしないという生き方
  5. 自分に嘘をつかない生き方

    信念というエゴについて、生々しく本音を語ってみる
PAGE TOP