人から軽く扱われないために

言葉に重みがない人は信頼され難い・・言葉の重みの正体とは。腑に落ちるという体験のメカニズム

会話をしていて、不思議なほど言葉に重みがないな・・
と感じてしまう人がたまにいます。

おそらくあなたも、この人軽いな・・と感じる人と出会ったことがあるはずですが、そういう人は大抵、言葉にも重みがないはずです。

そういった意味では、「印象が軽い人=言葉に重みがない人」と考えてもらってもいいと思います。

では、言葉の重みはどのように生まれるのでしょう。

言葉に重みがある=情報量が多い=影響力が大きい

私は個人的に、「物事を体験ベース、感覚ベースで理解できているか」という点が、言葉の重みと関係しているのではないかと考えています。

言葉は、概念や意味を理解していて、論理的に思考できる人であれば、ある程度上手に使いこなすことができます。

しかし、言葉が体験や感覚と結びつかない限り、どんなに言葉巧みでも、そこに重みは生まれないと思うんですね。

「重みがない言葉というものは、概念だけが上滑りしていて、中身がスカスカ」です。

中身の水が詰まったペットボトルと、全部飲み干されたペットボトル、ぶつかった時にケガをする可能性が高いのはもちろん前者です。

つまり、「重い方がエネルギーが大きい、これは、情報量が多いと言ってもいいし、影響力が大きい」と言ってもいいと思います。

「腑に落ちる」という体験について考える

ついさっき「体験や感覚と言葉が結びつかない限り、その言葉には重みが無い」と書きましたが、体験や感覚とは、私たちがこれまでに自分の内部にストックしてきた実感をともなった情報です。

その情報と、何らかの言葉や概念が結びついた時、初めて「物事が腑に落ちる」わけです。

逆に言えば、体験や感覚が乏しい人は、言葉を、意味や概念などの「浅いレベルでしか理解することができない」ということになります。

あらゆる体験や感覚の中でも、記憶に強く刻まれるものは、大抵の場合「身体ベースで獲得したもの」です。

頭で考えて得た体験や感覚が悪いわけではありませんが、やはり、身体で感じたものよりも臨場感が劣る分、どうしても机上の空論になりやすく、文字通り「身にならない」ことが多いのです。

私の整体院では、全てのクライアントさんにセルフケアを行ってもらっていますが、これも、自分の体験を通し、自らの力で症状を緩和していくというプロセスを大切にして欲しいと考えているからです。

病院に行って薬をもらったり、場合によっては手術をした人の場合、おそらく、自分で病気を乗り越えたという実感は大きくはならないはずです。(とはいえ、病院での施術が悪いと言っているわけではありませんからね)

しかし、日々の生活にセルフケアを取り入れ、自分の生き方と向き合った上で地道に病気を乗り越えたとすれば、その成功体験は一生の自信となるでしょう。

そういう体験をした人が病気について誰かに語った時、その言葉には重みが乗るんです。

なぜなら、その言葉には、自分の体験や感覚という目に見えない情報(データ)が多く含まれているからです。

まとめ

体験や感覚が伴った言葉=情報量が多い言葉=重みのある言葉

パソコンやスマホで大きな画像を送ろうとする時「重いな」と思うことがあります。

大きな画像=情報量が多い=重い

つまり、目に見えない情報量が多く含まれている言葉=重い言葉ということではないかと考えています。

プロのカウンセラーやコーチも認める
独自のカウンセリングと


人間にとって最も自然で
本能的に受け入れやすい安全な施術法で


心と身体を同時にケアしてみませんか?

ストレスをコントロールできるようになりたい方や
身体だけではなく、同時に精神面のケアも受けたい方におすすめの整体院です。
整体+カウンセリング→新しい整体院のかたち
手当て整体 菊地屋

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    目標や計画を立てることは必ずしも良いことなのだろうか

    新年になると、今年をどんな年にしたいかという目標や計画を立てる方も多い…

  2. 世の中の流れ、風潮について

    お金を持っていれば持っていたなりに、結構辛いこともあるのだと思う・・

    あるクライアントさんから、「お金持ちの親を持った知り合いに嫉妬してしま…

  3. 人間関係

    突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのか

    あるクライアントさんから、相談の受け方について聞かれました。話…

  4. 物語から学ぶ

    あらゆる病気は心の問題が関係している。自分の殻を破ることの大切さ

    心が叫びたがってるんだ。から学ぶ、自分の殻を破ることの大切さ…

  5. 人間関係

    本当に親切な人=さりげない。親切なフリをしている人=わざとらしい

    足を骨折してしまい、しばらく施術をお休みしていたクライアントさん(以下…

  6. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分に自信を持てるようになる、遠回りで現実的な方法

    以前の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分の…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはなぜか?自我とエネルギ…
  2. ストレスマネジメント

    過剰に善意の押し売りをしてくる人たちには、ちょっと注意。「偽物の善意」を見分ける…
  3. 人間関係

    突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのか
  4. 物語から学ぶ

    目に見えない「勢い」という力について
  5. 世の中の流れ、風潮について

    病院の治療に依存しきりだと人生100年時代を乗り切れない理由と、新しい時代の病気…
PAGE TOP