ales-krivec-15949

人から軽く扱われないために

特別な能力を持っていない人の戦い方とは。自分の土俵で勝負することの大切さ。

人気アニメ、昭和元禄落語心中から学ぶ「自分の土俵で勝負することの大切さ」

2016年に放送していたアニメに「昭和元禄落語心中」という作品があります。

タイトル通り、落語のアニメなのですが、これがなかなかすごい作品なんです。

まず声優がすごい。

主要キャラクターの有楽亭八雲(菊比古)を「石田彰」、同じ年で同じ日に弟子入りした有楽亭助六を 「山寺宏一」、ヒロインのみよ吉を「林原めぐみ」が演じています。

エヴァ好きにはたまらないキャスティングではないでしょうか。

(今の段階ではまだストーリー的に露出が少ない、与太郎役の関智一さんも、幅広い演技ができる安定感がある声優さんです)

山寺さんのような超ベテランでさえも、役を勝ち取るために自らオーディションを受けたそうですから、かなり気合いが入った作品になってます。

実際、その気合いが伝わってくるんです。

声優さんが、本気の落語を演じているんですが、これが本当に鳥肌もんです。

もしよかったら、騙されたと思ってPVだけでもご覧になってください。

知らない世界をのぞいてみることで、自分の固定観念が外れることもあります。

落語なんて見たことがないという方は、刺激になるかもしれませんよ。

さて、この作品の主人公の「菊比古」は、同じ年で同じ日に弟子入りし、天才肌で華のある落語家として力を付けていく「助六」の才能に対して、ある種の嫉妬を感じていました。

助六は、みんなが笑顔になるような王道落語を得意としているが、自分には、どうしてもそういう落語はできそうもない。

自分には才能が無いんじゃないか・・
と落ち込んでいたわけです。

しかしある時、自分には、色っぽい世界観を持った落語が向いていることに気付き、一皮剥けることになります。

自分の落語を見つけたわけです。

「ああ、その気持ちわかるわ~」と思いましたね。

友人に嫉妬していた子どもの頃の話

私も子どものころ、自分に無いものを持っている友人に、嫉妬に近い感情を持っていたことがあります。

いつも周囲の注目を集めていて、彼の何気ない行動が周囲を動かすのを見て「カリスマ性っていうのはこういうことなんだろうな。自分にはできないことだな」と、子どもながらに感じていたのを覚えています。

今でも私は、「黙って俺についてこい」的な感じで、背中で物を語るタイプの人や、底抜けに明るくて、周囲を楽しませるような人を尊敬しています。

しかしそれは、本当に率直な気持ちであって、子どもの時のような嫉妬は特に感じません。

それはおそらく、「自分が得意とする土俵であれば」、世の中に対して、そこそこの影響を与えられることに気付けたからだと思います。

自分の土俵を見つけることができれば、特別な能力が無くても勝負できる

結局、私たちは「一生自分から逃げることはできません」

誰かの生き方を参考にするのは悪いことではありませんが、その誰かと同じように生きることはできません。

当たり前のことですが、私たちはしばしばそのことを忘れてしまい、憧れている人や成功している人の方に寄っていきがちです。

でもそれは、錯覚であることが多いと思うんですよね・・
なぜなら、そういう分かりやすい道は、既に多くの人が目指しているはずなので、「その他大勢の中のひとり」になるだけだからです。

世の中は、希少価値が高い、レアな人材を求めているわけですから、むしろ逆効果ではないでしょうか・・

ですから、自分には特別な能力を持っていないと思っている人ほど、他人のマネをするのではなく、「自分の土俵で勝負しない限り勝てない」と思うんです。

例えばもし菊比古が、助六の華のある落語に固執しマネをしたとしたら、十中八九うまくはいかなかったでしょう。

しかし、彼は「自分の落語=自分の土俵」とはなんなのか?
と自問自答し続け、実験と検証を繰り返してきたからこそ、結果的に自分の力を最大限に発揮できる土俵を見つけることができたわけです。

これは決して簡単なことではありません。

しかし、凡人が勝負に勝つためには、この方法が最も効率的だと思います。

そのためにはやはり、菊比古が「自分の落語とは?」と自問自答し続けたように、私たちも、自分の人生とは何か?どう生きたいのか?そんな風に自問自答し続けるしかないのだと思います。

追伸

第二期もあります。
昭和元禄落語心中 -助六再び篇-

最近、なんとなく体調が悪い・・
と感じているあなたへ
病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・
といったいわゆる不定愁訴や、子宮や卵巣の病気を
できるだけ薬に頼らずに改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. emre-karatas-194353

    人間関係

    あえて相手を傷つけることで大切なことを伝える荒治療

    前回、高い理想を持つ人間が取るべき道とは。理想と現実のギャップにもがき…

  2. aleks-dorohovich-26
  3. joe-cooke-72649

    自分に嘘をつかない生き方

    信念というエゴについて、生々しく本音を語ってみる

    前回の記事からの続きです。余計なお世話だと分かっていて、し…

  4. yvette-de-wit-118721
  5. paul-earle-183430

    自分に嘘をつかない生き方

    人間の生と死について、ここまで深く考えたことはありませんでした。

    普通、新年最初に書くブログには、新年の目標や抱負について書くのが一般的…

  6. freestocks-org-91297

    世の中の流れ、風潮について

    自分に似合わないことはしないという生き方

    先日、美容室を経営されている患者さんと髪型の話をしました。…

最近の記事

  1. paul-earle-183430
  2. anthony-intraversato-257182
  3. aaron-benson-200753
  4. eberhard-grossgasteiger-299348
  5. dmitry-sovyak-303050
  6. jessica-weiller-75962
  7. andrew-branch-133678
  8. breno-machado-15214
  1. m9aokwbp29c-tim-wright

    ストレスマネジメント

    善意に基づいた行動であっても、想像力が足りなければ、相手を傷つけることがある。
  2. tv2gg2kzd1o-spacex

    ストレスマネジメント

    時には怒りを表明しなくてはならない時もあります
  3. _6yxov-l7ai-jenelle-ball

    考え方を変えて固定概念を壊す

    「みんなと同じで安心」という感覚の危険性
  4. about_time[1]

    物語から学ぶ

    月並みだけど、何気ない毎日を大切にすることはとても大切だと思う。映画「アバウト・…
  5. breno-machado-15214

    ストレスマネジメント

    人間関係のトラブルを激減させるコツ。言葉という道具を信用し過ぎてはいけない
PAGE TOP