人から軽く扱われないために

美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス

マイ・インターンから学ぶ、美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス

アン・ハサウェイとロバート・デニーロが共演した「マイ・インターン」を観て強く思ったのは、「美学に沿った生き方をしていれば、何歳になっても周囲から信頼される」ということでした。

ロバート・デニーロが演じるベンは、クラシックなバッグにスーツ、ネクタイを締めた紳士で、ほとんどの若者が携帯していないハンカチを常に持っています。

(劇中でなぜハンカチを持っているのか、その理由が明かされるんですが、その理由がすごくかっこいいんですね。ネタバレになるので、ここでは伏せておきます)

最初、こういったベンの姿は、若者たちの中で完全に浮いていたのですが、徐々に、彼の自然な立ち振る舞いに共感する若者が増えていきます。

心の余裕は自然な振る舞いとして表れ、信頼につながる

電子機器の使い方では20代の若者が圧勝でも、70歳のベンには、長い人生経験からくる圧倒的な余裕があります。

余裕がある人って頼りがいがありますよね?
そして、「余裕がある人は信頼を得やすい」ものです。

事実、ベンの人柄や行動に、若者たちがどんどん影響を受けていくんですね。

余裕が信頼に結びつくのであれば、誰もが余裕を持って生きたいと思うはずですが、それは簡単なことではありません。

同じ70歳でも、若者たちと強固な信頼関係を構築できる人なんて、そう多くはないでしょう。

では、普通の70歳とベンは何が違うのかというと、それは「美学を持っていること」だと思うんですね。

自分が決めたルール(美学)に沿って生きているからこそ、自然体でいられる

他人や社会のルールではなく、「自分のルールに沿って生きること」
それが美学を持って生きるということです。

美学を持ち、それを生き方に反映している人間はとても希少です。

自分がかっこいいと思う生き方を貫くためには、自分を律する必要がありますからね。
世間を見渡してみれば一目瞭然ですが、そういうことができる人間は本当に少ない・・

自由な社風で、みんながカジュアルな服を着ている中、スーツとネクタイ、年期が入ったクラシックなカバンでピシッと決める。

「そんなの持ってる必要あんの?」と言われても、毎日ハンカチを持ち続ける。

みんながやりたがらない仕事を率先して引き受ける。

感情に流されず、与えられた仕事を淡々とこなす。

若者の価値観や考え方を否定せず、聞かれない限り、でしゃばったアドバイスをしない。

ベンは、自然にこういった行動を取ります。

単純に、「自分はこうすべきだと思うから」という、自分ルールで行動するからこそ、ベンの振る舞いは自然なんですね。

その反面、他人や社会のルールに縛られ、仕方なく行動している人間からは、自然な雰囲気は絶対に出ません。
どこかぎこちないし、わざとらしくなるものですからね・・

若者には絶対に出せない圧倒的な余裕が、なぜ信頼に繋がるのか?

自分の美学に沿った生き方とはどんなものか?

ご興味を持たれた方は、是非この映画をご覧になってください。
とてもいい映画ですよ。

最近、なんとなく体調が悪い・・
と感じているあなたへ
病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・
といったいわゆる不定愁訴や、子宮や卵巣の病気を
できるだけ薬に頼らずに改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 人から軽く扱われないために

    物事を多面的に見ることで、生きることが楽になり、頭の回転が速くなる

    前回、他人と自分を比較して、落ち込んでしまいがちなあなたへという記事の…

  2. 人間関係

    突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのか

    ある患者さんから、相談の受け方について聞かれました。話を伺って…

  3. 人間関係

    本当に親切な人=さりげない。親切なフリをしている人=わざとらしい

    足を骨折してしまい、しばらく施術をお休みしていた患者さん(以下Kさんと…

  4. 世の中の流れ、風潮について

    自分に似合わないことはしないという生き方

    先日、美容室を経営されている患者さんと髪型の話をしました。…

  5. ストレスマネジメント

    善意に基づいた行動であっても、想像力が足りなければ、相手を傷つけることがある。

    前回の記事で、過剰に善意の押し売りをしてくる人がいたら、ちょっと注意し…

  6. ストレスマネジメント

    どんな辛いことだって、考え方次第でどうにでもなるという話

    2016年の9月に、当院のマンションで現在排水管の工事が行われました。…

最近の記事

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    これまで、なんとなく送り返していただけだったので、年賀状を書くことをやめました。…
  2. 身体や病気についての知識

    仕事をやめると決めたら、症状がピタッと消えた!?相性が悪く、どんなに頑張っても成…
  3. 人間関係

    突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのか
  4. 世の中の流れ、風潮について

    助けて欲しいのは分かるけれど・・弱者としての立場を利用して、自分の権利を過剰に訴…
  5. 人から軽く扱われないために

    美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught Error: [] operator not supported for strings in /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php:150 Stack trace: #0 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php(167): HighlightSearchTerms::get_search_query() #1 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/class-wp-hook.php(286): HighlightSearchTerms::print_script('') #2 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/class-wp-hook.php(310): WP_Hook->apply_filters('', Array) #3 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/plugin.php(453): WP_Hook->do_action(Array) #4 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/general-template.php(2630): do_action('wp_footer') #5 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/themes/mag_tcd036/footer.php(94): wp_footer() #6 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/k in /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php on line 150