人から軽く扱われないために

美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス

マイ・インターンから学ぶ、美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス

アン・ハサウェイとロバート・デニーロが共演した「マイ・インターン」を観て強く思ったのは、「美学に沿った生き方をしていれば、何歳になっても周囲から信頼される」ということでした。

ロバート・デニーロが演じるベンは、クラシックなバッグにスーツ、ネクタイを締めた紳士で、ほとんどの若者が携帯していないハンカチを常に持っています。

(劇中でなぜハンカチを持っているのか、その理由が明かされるんですが、その理由がすごくかっこいいんですね。ネタバレになるので、ここでは伏せておきます)

最初、こういったベンの姿は、若者たちの中で完全に浮いていたのですが、徐々に、彼の自然な立ち振る舞いに共感する若者が増えていきます。

心の余裕は自然な振る舞いとして表れ、信頼につながる

電子機器の使い方では20代の若者が圧勝でも、70歳のベンには、長い人生経験からくる圧倒的な余裕があります。

余裕がある人って頼りがいがありますよね?
そして、「余裕がある人は信頼を得やすい」ものです。

事実、ベンの人柄や行動に、若者たちがどんどん影響を受けていくんですね。

余裕が信頼に結びつくのであれば、誰もが余裕を持って生きたいと思うはずですが、それは簡単なことではありません。

同じ70歳でも、若者たちと強固な信頼関係を構築できる人なんて、そう多くはないでしょう。

では、普通の70歳とベンは何が違うのかというと、それは「美学を持っていること」だと思うんですね。

自分が決めたルール(美学)に沿って生きているからこそ、自然体でいられる

他人や社会のルールではなく、「自分のルールに沿って生きること」
それが美学を持って生きるということです。

美学を持ち、それを生き方に反映している人間はとても希少です。

自分がかっこいいと思う生き方を貫くためには、自分を律する必要がありますからね。
世間を見渡してみれば一目瞭然ですが、そういうことができる人間は本当に少ない・・

自由な社風で、みんながカジュアルな服を着ている中、スーツとネクタイ、年期が入ったクラシックなカバンでピシッと決める。

「そんなの持ってる必要あんの?」と言われても、毎日ハンカチを持ち続ける。

みんながやりたがらない仕事を率先して引き受ける。

感情に流されず、与えられた仕事を淡々とこなす。

若者の価値観や考え方を否定せず、聞かれない限り、でしゃばったアドバイスをしない。

ベンは、自然にこういった行動を取ります。

単純に、「自分はこうすべきだと思うから」という、自分ルールで行動するからこそ、ベンの振る舞いは自然なんですね。

その反面、他人や社会のルールに縛られ、仕方なく行動している人間からは、自然な雰囲気は絶対に出ません。
どこかぎこちないし、わざとらしくなるものですからね・・

若者には絶対に出せない圧倒的な余裕が、なぜ信頼に繋がるのか?

自分の美学に沿った生き方とはどんなものか?

ご興味を持たれた方は、是非この映画をご覧になってください。
とてもいい映画ですよ。

プロのカウンセラーやコーチも認める
独自のカウンセリングと


人間にとって最も自然で
本能的に受け入れやすい安全な施術法で


心と身体を同時にケアしてみませんか?

ストレスをコントロールできるようになりたい方や
身体だけではなく、同時に精神面のケアも受けたい方におすすめの整体院です。
整体+カウンセリング→新しい整体院のかたち
手当て整体 菊地屋

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 人間関係

    他人と自分を比較して、落ち込んでしまいがちなあなたへ

    「No.1にならなくてもいい もともと特別な Only one」…

  2. 人間関係

    「助けてあげたい」という気持ちの裏に隠れている(かもしれない)歪んだ正義

    突然ですが、あなたは自分の家族や友人が、(一般的に考えて)辛い状況、例…

  3. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「考えること」と「悩むこと」の違い

    いつも、不安や悩みを抱えていたり、考え過ぎてしまうという人たちは少なく…

  4. 世の中の流れ、風潮について

    インターネットが生み出した、偽物が淘汰されていく社会について考えてみる

    最近、改めてインターネットって本当に便利だなと感じています。…

  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    なぜ幸せを感じれない人たちが多いのか?幸せを感じるためにはどうすればいいのか?

    今の時代、お金を持っていたり、容姿端麗だったり、勉強ができたり、そうい…

  6. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分を変えたいと思った時、目の前に立ちはだかる恐怖心という壁

    誰にでも何か新しいことがしたいと思うタイミングはあると思います。…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「考えること」と「悩むこと」の違い
  2. 人から軽く扱われないために

    何かに行き詰まった時、人生なんて「自作自演の映画づくりのような物」なんだと考えて…
  3. ストレスマネジメント

    たまに調子が出ない時があっても、自分を責めるべきではない理由
  4. ストレスマネジメント

    過剰に善意の押し売りをしてくる人たちには、ちょっと注意。「偽物の善意」を見分ける…
  5. ストレスマネジメント

    気持ちが落ち込んでいる時ほど、外の世界を真剣に見てみるといいと思う
PAGE TOP