物語から学ぶ

あらゆる病気は心の問題が関係している。自分の殻を破ることの大切さ

心が叫びたがってるんだ。から学ぶ、自分の殻を破ることの大切さ

心が叫びたがってるんだ。」は、痙攣性発声障害(SD)や発声時頸部ジストニア、その他、声が出づらい症状でお悩みのクライアントさんに、是非観てもらいたい映画です。

私の闘病記という記事の中で詳しく述べていますが、私は過去に二度、長期間に渡り、声が出なくなる経験をしたことがあります。

その時の体験と、これまでさまざまな症状を施術してきた経験から感じるのは、どんな病気も、少なからず精神面の問題が関係しているということです。

特に声の病気や、不定愁訴(原因が分からない病気)などは、身体面よりも、精神面の問題が関係しているウェイトが大きいように感じられます。

症状と心の問題が関係していると聞くと、諸悪の根源は、その心の問題を作ったキッカケとなる出来事にあるはずだと考えがちです。

しかし、キッカケとなる出来事は、あくまでも最初の火種でしかなく、本質的な問題ではありません。

問題なのは、そのキッカケにより生まれた「心の歪み」に毎日薪をくべ、うちわで風を送り、怒りと痛みの炎を増幅させ続けている「本人の思考のクセや固定観念」にあります。

心が叫びたがってるんだ。を観ると、物語を通して、そのことがはっきり分かります。

月並みな表現ですが、結局、自分の殻(思考のクセや固定観念)を破らない限りは、より良い人生を生きることは難しいわけです。

この作品は、分かりやすく「卵の殻」というイメージを使い、自分の殻を破ることの大切さを伝えてくれています。

恐怖や不安を伴う、ある種の通過儀礼を乗り越えた時、人は大きく成長する

心が叫びたがってるんだ。よりはかなりヘビーな内容になり、観る人を選ぶ映画にはなりますが、堺雅人が主演し、その他にも山田孝之、綾野剛などが出演している「その夜の侍」という作品も、自分の殻を壊し、再構築していく「再生の物語」という意味ではとてもおすすめです。

精神面が深く関わる病気を治したり、自分の人生を大きく変えるためには、ガチガチに固まってしまった自分の価値観を破壊し、再構築する必要があります。

例えて言えば、それは、今自分が走っている人生のレールから、隣のレールに飛び移るようなものです。

走行中の電車から、隣のレールで走っている電車に飛び移ることをイメージしてみると、それがどれだけの覚悟と勇気が必要な行為であるか、なんとなく理解できると思います。

要するに、自分を破壊し再構築するというプロセスには、不安や恐怖などのなんらかの「痛みが伴う」わけです。

この作品では、自分の妻を殺した犯人との対決の場面を通して。

心が叫びたがってるんだ。の場合は、声を出せない主人公が、ミュージカルに出演するという場面を通して、主人公たちは大きく変化していきます。

つまり、恐怖や不安を伴う、ある種の「通過儀礼」を乗り越えた結果、やっと自分の殻が破れるわけです。

自分の殻をぶっ壊したい、隣のレールに飛び移りたいと思っている方は、是非これらの作品を観て、自分を壊すということが、いったいどうゆうことなのかを感じてもらえればと思います。

プロのカウンセラーやコーチも認める
独自のカウンセリングと


人間にとって最も自然で
本能的に受け入れやすい安全な施術法で


心と身体を同時にケアしてみませんか?

ストレスをコントロールできるようになりたい方や
身体だけではなく、同時に精神面のケアも受けたい方におすすめの整体院です。
整体+カウンセリング→新しい整体院のかたち
手当て整体 菊地屋

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 世の中の流れ、風潮について

    マズローの欲求5段階説を参考に、実感としての幸福量を増大させるコツを考えてみた

    前回の記事(最悪の選択を避けるためにも知っておきたい人間の最も根元的な…

  2. 人間関係

    まっとうな人間関係は、「自分と相手は全く違う生き物」だと理解するところから始まる。

    以前書いた、あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?という記…

  3. 世の中の流れ、風潮について

    23歳くらいの時に直面した、お金に関するショッキングな現実

    今から約10年前、たしか23~24歳くらいの時に、ふと現実って甘くない…

  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「みんなと同じで安心」という感覚の危険性

    先日、今まで使っていた携帯電話(いわゆるガラケーというやつです)の調子…

  5. ストレスマネジメント

    過剰に善意の押し売りをしてくる人たちには、ちょっと注意。「偽物の善意」を見分けるコツ。

    以前、突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのかと…

  6. ストレスマネジメント

    善意に基づいた行動であっても、想像力が足りなければ、相手を傷つけることがある。

    前回の記事で、過剰に善意の押し売りをしてくる人がいたら、ちょっと注意し…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    調子が悪い時や、やる気が出ない時も、過ごし方によっては「収穫の時期」になり得る
  2. 世の中の流れ、風潮について

    マズローの欲求5段階説を参考に、実感としての幸福量を増大させるコツを考えてみた
  3. ストレスマネジメント

    たまに調子が出ない時があっても、自分を責めるべきではない理由
  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    先入観を減らし、物事を俯瞰して見ることの重要性
  5. ストレスマネジメント

    迷惑なほど香水をつけすぎている人について
PAGE TOP