人から軽く扱われないために

友達が多いほうが楽しくて幸せという幻想について

「ぼっち」という言葉が物語っている通り、世の中には、一人ぼっち=不幸というイメージがあり、その反対に、友達が多い人のほうが楽しくて幸せというイメージがあるようです。

しかし、これは明らかに幻想だと思うんです。

正確には「良い友達が多い人」が幸せなわけで、付き合う相手の人間性によっては、一人でいた方がよっぽど幸せな場合もあると思うんです。

友達がいないよりは、少しでもいた方がいいという考え方もありますが、本当にそうでしょうか?

価値観も合わず、一緒にいて良い気分になるわけでもない。

話も合わず、なんの知識も共有できない。

これほど極端ではなくとも、総合的に見て、「得るものよりも失うもののほうが大きい人間関係」というものも存在します。

そんな関係を無理に継続するくらいであれば、あえて友達を作らないという選択肢も悪くないのではないでしょうか。

進化の過程で私たち人間は、集団になり、群れることによって危険を回避してきた歴史があります。

しかし、昔とは違い、現代の日本に身を脅かすような危険など、そうそうありませんし、インターネットのおかげで、人伝えではなくても情報を得ることが難しくなくなりました。

要するに、群れることの必要性は、以前よりも明らかに低くなってきているわけです。

そんな現代において、得るものよりも失うものの方が多い人間関係を継続する必要があるのか、今一度考えてみる必要がある気がします。

職場は仕方ないにせよ、プライベートでの人間関係については、意識的に整理していくべきだと思います。

その結果、友達が一人も居なくなったとしても、また新しい友達を作ればいいわけですし、(幸いネットのおかげで、行動力さえあればいくらでも新しい人間関係を構築できます)、それも面倒なら、割り切って一人の時間を楽しむという生き方も潔いと思います。

人生の時間は有限ですから、個人的には、無理に誰かと群れる必要なんてないと思います。
重要なのは、友達の多さなどではなく、「友達の質」ですからね。

たった一人でもいいので、心から本当に素敵だと思えるような人と仲良く生きていきたいものです。

プロのカウンセラーやコーチも認める
独自のカウンセリングと


人間にとって最も自然で
本能的に受け入れやすい安全な施術法で


心と身体を同時にケアしてみませんか?

睡眠障害、頭痛、脳疲労、婦人病、冷え
などでお悩みの方や
ストレスをコントロールできるようになりたい方におすすめの整体院です。
整体+カウンセリング→新しい整体院のかたち
手当て整体 菊地屋

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 人から軽く扱われないために

    美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス

    マイ・インターンから学ぶ、美学に沿った生き方が余裕と信頼を生むプロセス…

  2. 人から軽く扱われないために

    特別な能力を持っていない人の戦い方とは。自分の土俵で勝負することの大切さ。

    人気アニメ、昭和元禄落語心中から学ぶ「自分の土俵で勝負することの大切さ…

  3. 人間関係

    まっとうな人間関係は、「自分と相手は全く違う生き物」だと理解するところから始まる。

    以前書いた、あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?という記…

  4. ストレスマネジメント

    最悪の選択を避けるためにも知っておきたい人間の最も根元的な欲望とは?

    赤ちゃんはよく泣きます。お腹が空いた時、眠い時、おむつ…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「努力しなくては結果は出せない」という発想の危険性
  2. ストレスマネジメント

    事前に対応することでストレスを回避する。雪が降った次の日に感じたこと。
  3. 世の中の流れ、風潮について

    プライドが高いという言葉の本当の意味。プライドと自己愛を混同してる人が多い気がし…
  4. 世の中の流れ、風潮について

    マズローの欲求5段階説を参考に、実感としての幸福量を増大させるコツを考えてみた
  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分を変えたいと思った時、目の前に立ちはだかる恐怖心という壁
PAGE TOP