人間関係

あえて相手を傷つけることで大切なことを伝える荒療治

前回、高い理想を持つ人間が取るべき道とは。理想と現実のギャップにもがき苦しむ友人と口論になった話という記事を書きました。

これは友人に対して理想があるなら、現実的に何か動き出したほうがいいのでは?というメッセージを込めて書いた記事です。

実は、この友人は私のメルマガ読者でした。

つまり、彼が手紙を読むことを予め分かっていて、私はあの記事を書いたわけです。

実際に記事を読んでくれたようですが、その後どうなったかというと・・

彼は私のメルマガを解除しました。

メルマガを解除された時の私の感想は、「そりゃあ、そうなるよね・・」でした。

彼の心境からすれば、「ちょっと話が噛み合わなくなったくらいで、なんでそこまで言われなきゃなんないわけ?」と感じるはずですからね。

端的に言えば「余計なお世話だよ!」と思っているはずで、それは当然のことなんです。

なぜなら、私が彼に送ったあのメッセージは、事実、余計なお世話でしかないからです。

私が書いた記事を読んだ方の中には、彼の行動が中途半端なことが悪く、それを諭すためのメッセージを書いた私は正しいという風に感じた方もいるかもしれません。

しかし、残念な気持ちがないと言えば嘘になりますが、個人的には、こうなることをある程度は想定していたので、あまり驚きもしませんでした。

なぜ想定していたかというと、自分がしたことは正義でもなんでもなく、完全なる余計なお世話だということを、はっきり自覚していたからです。

私は、誰かの生き方に対して他人がとやかく言うことは、それがどんなに正論であっても、基本的に余計なお世話だと思っています。

(どう生きるかは基本的に本人の自由ですからね)

余計なお世話だと知っていて、私はあの文書を書いたわけですから、「すごい心に響いたよ。おれも生き方を変えようと思った!」なんて反応はありえないことは分かっていましたし、そんな嘘くさい展開など望んでもいませんでした。

じゃあ、なぜあんな記事を書いたかというと、単純に「私の価値観を彼に押し付けただけ」です。

友人のこれからの人生のためを思って、気持ちを鬼にして書いた・・
なんてカッコいいことを言えたらいいのですが、残念ながら、そんな嘘くさい理由から書いたわけではありません。

彼の人生のことを全く考えなかったかというと、それも嘘になりますが、全体の35パーセントくらいでしょうか。

残りの65パーセントは、完全に自分のエゴでしかありません。

先日の記事で、彼に対して「できるだけ後悔して欲しくない」「自分をごまかさずに生きて欲しい」と書きました。

なんとなく正しそうで、キレイな言葉なので、一見良いことを言っているように感じるかもしれません。(本音ではあるのですが)

しかし、厳密に考えてみると、後悔しない人生、自分をごまかさずに生きる人生は素晴らしい生き方だという私の価値観を、彼に押し付けただけですからね・・

誰に頼まれたわけでもなく、ただ普通に生きていた友人の人生を全面的に否定したわけですから、いくら正論だとしても、やはり余計なお世話であることは間違いありません。

人の生き方を否定するということは、その人の人格を否定することでもあり、相手をとても傷つける行為です。

ですから、本当に伝えたいことがあるなら、「相手から嫌われることを覚悟する必要があります。」

当然ながら、先日の記事を公開した時も、友人関係が壊れることを覚悟していました。

それだけ、目を覚まして欲しいと思っていましたし、そのためには怒らせるか、傷つけるくらいのことを書く必要があると思っていました。

メルマガを解除したということは、それなりのインパクトを与えることはできたと思うので、それはそれで良かったのかなと思っています。

いわゆる荒療治というやつですね。

長くなりそうなので今回はこの辺りで。

次回の記事では、「なぜ私が、人間関係が壊れることを覚悟してまでも、自分の価値観を押し付けようとしたのか?」
について書こうと思います。

シンプルで
心地いい


心地いいから
シンプルになれる


手当て整体
最新の記事は菊地屋のホームページ内ブログのほうで更新しています。こちらをクリック!

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    これまで、なんとなく送り返していただけだったので、年賀状を書くことをやめました。

    実は私は、仕事でもプライベートでも、こちらから年賀状を送ることは一切あ…

  2. ストレスマネジメント

    夫婦、恋人、友人、親子、あらゆる人間関係に応用できる、関係を修復するための考え方

    以前、あるクライアントさんから、夫婦関係の問題を相談された時のメールの…

  3. 世の中の流れ、風潮について

    自分に似合わないことはしないという生き方

    先日、美容室を経営されているクライアントさんと髪型の話をしました。…

  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    依存的な人、自信が無い人の多くが、自分の行動に責任を持てない(持たない)理由

    前回の記事で、精神的に自立するために、また、自分に自信を持つためには、…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 世の中の流れ、風潮について

    変わり者が世界を変える。いや、変わり者しか世界を変えられない
  2. ストレスマネジメント

    嫌な事が起こった時、妙な迷信のせいにしてしまうことの危険性
  3. 世の中の流れ、風潮について

    ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか
  4. 身体や病気についての知識

    仕事をやめると決めたら、症状がピタッと消えた!?相性が悪く、どんなに頑張っても成…
  5. 人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う
PAGE TOP