自分に嘘をつかない生き方

信念というエゴについて、生々しく本音を語ってみる

前回の記事からの続きです。

余計なお世話だと分かっていて、しかも関係が壊れることも想定してまで、私は友人へメッセージを伝えたわけですが、そこまでのリスクをおかしてまで、なぜ自分の価値観を押し付けるようなことをしたのか?

すべては友人のためと言えば聞こえはいいかもしれませんが、正直なところ、そんなきれいごとではなく、強いて言えば、それは私の信念を貫くためです。

私は施術家です。

施術家とは、「症状軽減して人生を変えたいと思っている人を助ける仕事」です。

私は、自分の人生を本気で変えようと努力している人が大好きで、そういう人を応援することも好きです。

だからこそ、この仕事をしているわけで、「この信念は私を私たらしめている重要な資質」です。

ですから、人生を変えたいと思っている人がいれば、その背中を押せる人間でありたいと思っています。

今回、関係が壊れることを想定してまで、私は友人へメッセージを伝えたのも、この思いがあったからです。

彼の立場になって、冷静に考えた時、私は心底ゾッとしたのです。
このままでは、おそらく取り返しがつかなくなると感じました。

世間では、よく相手の立場になって考えなさいと言いますが、なまじっか観察力があったりすると、簡単に相手の立場になったりしてはいけませんね・・

普段は、あえて人と同調するようなことは避けてるんですが、今回は相手が友達だっために、慣れないことをしてしまいました・・

その結果、このままじゃ彼の人生はマズイことになりそうだ・・と、強く実感してしまったわけです。

そこまで感じてしまったら、もう後には引けません。

前述したように、私には、信念に基づき生きていきたいという、面倒くさい美学(カッコつけて言ってますが、要するにエゴです)があるので、友人が苦しんでる時に、ガツンと目を覚ますような一言もいえない男ではいたくありませんでした。

そして、せっかくやるなら、荒施術的に、怒らせるか傷つけるかにしないと効果が薄いだろうと考えました。

怒りや悲しみというエネルギーは、うまく使えば、爆発的な行動力を生みますからね。

そのために、わざわざブログで晒すという一撃を彼にお見舞いしたわけです。

結果として、彼は私のメルマガを解除したわけですから、それなりにインパクトは与えられたのだと思います。

ということで、今回の私の行動の動機は、半分以上、自分の信念を貫きたいという私のエゴによって成り立っていたものでした。

正義とはほど遠い行為ですが、まあ、こんなものだと思うのです。

世の中に、絶対的に正しいものなんて存在しないわけですから、結局、自分の価値観や信念に基づいて行動するしかないんじゃないでしょうか。

その結果、クライアントさんが去ろうが、友達が去ろうが、それは一つの現実として受け止めるしかありません。

失敗だと思ったなら、また軌道修正する。
それしかないと思います。

今回の事件の記事を、ここまで引っ張ったのは、クライアントさんからの反響が想像以上に大きかったからです。

正直、プライベートなことだし、恥ずかしい気持ちもありました。

でも、私はクライアントさんを引っ張っていくリーダーとして、「間違っているかもしれないけど、私はこんな風に考え、行動する人間ですよ」という生々しい情報をお伝えしようと思いました。

クライアントさんに本音を語ってもらうには、まずは、自分が生々しいくらいの本音を語る必要がある気がしたからです。

追伸

その後、幸いなことに友人との関係は修復できました。
それなりに影響をうけたようで、新たなチャレンジを始めた彼を見ることができました。

シンプルで
心地いい


心地いいから
シンプルになれる


手当て整体
最新の記事は菊地屋のホームページ内ブログのほうで更新しています。こちらをクリック!

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つありま…

  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    これまで、なんとなく送り返していただけだったので、年賀状を書くことをやめました。

    実は私は、仕事でもプライベートでも、こちらから年賀状を送ることは一切あ…

  3. 人間関係

    あえて相手を傷つけることで大切なことを伝える荒療治

    前回、高い理想を持つ人間が取るべき道とは。理想と現実のギャップにもがき…

  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    依存的な人、自信が無い人の多くが、自分の行動に責任を持てない(持たない)理由

    前回の記事で、精神的に自立するために、また、自分に自信を持つためには、…

  5. ストレスマネジメント

    最悪の選択を避けるためにも知っておきたい人間の最も根元的な欲望とは?

    赤ちゃんはよく泣きます。お腹が空いた時、眠い時、おむつ…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 世の中の流れ、風潮について

    「自分は自分でしかなく、他の何者にもなれない」という現実を引き受けることの大切さ…
  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    なぜ幸せを感じれない人たちが多いのか?幸せを感じるためにはどうすればいいのか?
  3. 世の中の流れ、風潮について

    人と群れることなく、一人で生きていける人はニュータイプなのかもしれない
  4. 世の中の流れ、風潮について

    自分の頭で考え、行動することができない人や、教えられたことしかできない人が多い理…
  5. 人間関係

    まっとうな人間関係は、「自分と相手は全く違う生き物」だと理解するところから始まる…
PAGE TOP