人から軽く扱われないために

環境が変わっても継続できる人間関係とは?本当の友達とは?

これまで、特に問題なく続いていた人間関係が急に壊れてしまう・・
そんな体験をしたことがある方は少なくないと思います。

例えば、恋人ができた時、結婚した時、子供ができた時などに、関係が壊れてしまったなんて話はよく聞きます。
(このパターンは圧倒的に女性が多いですね)

相手の嫉妬が原因の場合も少なくないと思いますが、単純に、生き方が大きく変わったことによって、関係が噛み合わなくなることもあります。

子育てを優先したい人と、仕事を優先したい人が、楽しいと思う話、知りたいと思う話は違って当然ですからね。

そうなると、どうしても同じような価値観を持った人間同士で固まるようになります。

同じような人たちが集まると、会話の内容は平坦で味気ないものになり、共同体としての多様性は低くなりますが、まあ、そういうものなので仕方ありません・・

相手にとって必要な人間になれば、関係性は継続できる

もちろん、置かれている状況が変わっても、関係を継続できる場合もあります。

それは、お互いに、「メリットになる何か」を与えあっているような関係性の場合です。

与え合うものは、ためになる知識や面白い話、共通の趣味の話、相手にとって心地よい雰囲気など、相手がメリットとして感じるものであれば、どんなものでもかまいません。

要するに、お互いがメリットを提供し、お互いがそのメリットに納得していれば、いくら置かれている環境が変わっても、関係を継続できる可能性は高まるわけです。

とはいえ、これは言うほど簡単なことではありません。

実際、お互いにメリットを与え合うような関係を構築できていないからこそ、環境の変化によって簡単に関係が壊れるわけですからね・・

このことで悩む方も多いのですが、環境の変化で関係が壊れるのは、「誰もが経験している一般的なこと」です。

気に病んでしまうのも無理ありませんが、本当は、「よくあることさ!」とサラッと受け流せばいいと思うんです。

付き合う人が変わるのは、真剣に生きてる証拠

じゃあ逆に、環境が変わっても、あまりメンバーの入れ替えがなく、ず~っと仲良しなグループがあったとしましょう。

個人的には、そんな関係は、かなり不自然で気持ち悪いと思うのですが・・
あなたはどう思いますか?

一般的には、大人になるにつれ、集まる回数が減ったり、参加人数が減るのが普通ですからね。

もしも、頻度も変わらず、毎週のように、いつも同じメンバーで集まっているグループがあったとしたら、その人たちはおそらく、大人になりきれていないか、成長をやめてしまった人たちだと思うんです。
(もちろん、お互いが本当に必要としている関係なら別です)

仕事でも趣味でも、ある程度、一生懸命取り組んで上達していけば、自然とそのレベルに見合った人と付き合うようになるものですからね。

ということで、環境の変化で人間関係が壊れることは、全然珍しいことではないということを理解しておいてください。

最初は少し辛いかもしれませんが、そんなものだと思って乗り越えていくのが、大人としての冷静な対応だと思います。

とはいえ、最後に強調したいのは、環境が変わっても継続できる人間関係はあるということです。

それは、お互いに気持ちの良い雰囲気、楽しい会話、知的好奇心や向上心を刺激できるような関係です。

そのような関係が構築できれば、会う頻度は減ったとしても、友達関係は継続できるでしょう。

簡単なことではありませんが、一生のうちに、そういう相手を一人でも二人でも作ることができれば、私たちの人生は、色彩豊かなものになるはずです。

おそらくそういう相手が、本当の友達とよべるような存在になるのだと思います。

プロのカウンセラーやコーチも認める
独自のカウンセリングと


人間にとって最も自然で
本能的に受け入れやすい安全な施術法で


心と身体を同時にケアしてみませんか?

睡眠障害、頭痛、脳疲労、婦人病、冷え
などでお悩みの方や
ストレスをコントロールできるようになりたい方におすすめの整体院です。
整体+カウンセリング→新しい整体院のかたち
手当て整体 菊地屋

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 人間関係

    突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのか

    あるクライアントさんから、相談の受け方について聞かれました。話…

  2. 人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つありま…

  3. 世の中の流れ、風潮について

    23歳くらいの時に直面した、お金に関するショッキングな現実

    今から約10年前、たしか23~24歳くらいの時に、ふと現実って甘くない…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分に自信を持てるようになる、遠回りで現実的な方法
  2. 世の中の流れ、風潮について

    自分の頭で考え、行動することができない人や、教えられたことしかできない人が多い理…
  3. ストレスマネジメント

    時には怒りを表明しなくてはならない時もあります
  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    依存的な人、自信が無い人の多くが、自分の行動に責任を持てない(持たない)理由
  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    落し物や不注意のケガは、心身の不調を訴えるサインかもしれない
PAGE TOP