ストレスマネジメント

忍耐力とは、嫌なことを我慢し続ける力のことではないと思う

大人は、物事を継続することの大切さを子供たちに教えようとします。

しかし、それは同時に「失敗(チャレンジ)を怖れる心」を作り出してしまう可能性があることを、大人は知っておくべきだと思います。

何かを始めてしまったら、それを最後まで継続しなければならない。途中でリタイア(失敗)してはいけない。
と思い込むせいで、チャレンジすることに対して、慎重になり過ぎてしまうんですね。

個人的には、物事を継続させることは、そこまで重要だとは思っていません。

それよりも、好奇心を持った事にチャレンジし、失敗する(飽きる)という経験を何度も繰り返していく中で、「自分の意思で継続できるもの(好きなもの)や、自分に向いていることを見つけること」のほうが、何倍も大切だと考えています。

好奇心は子供の武器ですからね。
この力を肯定したいなら、「飽きっぽさという副作用」も、ある程度は受容してあげないといけないと思います。

それに、嫌なものを無理矢理継続させようとしたところで、そこに集中力が生まれるはずもなく、世間で期待されているほど、子供の力が伸びるとは思えないんです。

嫌なことを我慢する力=忍耐力だとは思いたくない

何かを継続させることで、忍耐力を身に付けさせたいと考えている親や先生もいるはずです。

しかし、子供たちに身に付けてもらいたいのは、「嫌なことに堪え忍ぶ力」なのでしょうか?

たしかに、嫌なことを我慢しなくてはいけない場面はありますが、ずっとそれを続けていたら、人間の心と身体はすり減っていってしまいます。

それを防ぐためには、ただ我慢し続けるのではなく、我慢するにしても、できるだけ一時的なもので済むように、「現状を打破する力を身に付けたほうがいい」と思うんです。

とはいえ、現状を大きく変えることは簡単なことではありません。

そのためには、どうすれば現状を変えることができるのかを試行錯誤しながら、何度も粘り強くチャレンジする必要があるはずです。

私は、この「何度もチャレンジし続けられる力」のことを、忍耐力と呼ぶべきだと考えています。

この場合の忍耐力とは、嫌なことを我慢し続ける力ではなく、自分がしたいこと、こうなりたいと思っていることを現実化させたい。

または、嫌だと思うことを回避したい。

など、「自分の願望を実現するためのチャレンジを、粘り強く継続していく力」のことです。

個人的には、嫌なことを我慢し続ける力のことを忍耐力とは呼びたくないんですよね。

だって、これからの未来を担う子どもたちに向かって、人生は我慢し続けるものだと、暗に示しているようじゃないですか・・

そんな教育をしておいて、夢や希望を持ちましょうなんて言っても説得力ないですからね・・

ということで、まとめです。

忍耐力とは、嫌なことを我慢し続ける力ではなく、自分の願望を実現するためのチャレンジを、粘り強く継続していく力のことだと思う。
というお話でした。






コロナ騒動による

不安やストレスで消耗している人のために


「ずっと無料で受けられる」

遠隔ヒーリングはじめました。


不安を軽減。免疫力活性化。睡眠の質の改善。消耗した「気」の補充。

ストレスマネジメント、セルフケア情報などを無料で提供しています。



数百人が同時に意識を交差させる一体感が魅力!?
「あなた」と「私」が空間を超えて助け合う

新しい発想の参加型・遠隔気功ヒーリング
詳しくは「こちら」をクリック

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 世の中の流れ、風潮について

    ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

    はじめまして、手当て整体 菊地屋※院長の菊地です。(※プロのカ…

  2. ストレスマネジメント

    時には怒りを表明しなくてはならない時もあります

    前回の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分の…

  3. 人間関係

    突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのか

    あるクライアントさんから、相談の受け方について聞かれました。話…

  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分に自信を持てるようになる、遠回りで現実的な方法

    以前の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分の…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「考えること」と「悩むこと」の違い
  2. ストレスマネジメント

    パーソナル・スペースに侵入されることで蓄積する、無自覚のストレス
  3. 考え方を変えて固定概念を壊す

    先入観を減らし、物事を俯瞰して見ることの重要性
  4. 世の中の流れ、風潮について

    自分に似合わないことはしないという生き方
  5. 身体や病気についての知識

    仕事をやめると決めたら、症状がピタッと消えた!?相性が悪く、どんなに頑張っても成…
PAGE TOP