世の中の流れ、風潮について

プライドが高いという言葉の本当の意味。プライドと自己愛を混同してる人が多い気がします

プライドが高いという言葉の裏側には、「あの人は面倒くさい」とか、「わがまま」だとか、そんなニュアンスが含まれているように思います。

しかし、プライドという言葉を悪い意味で使うのは、個人的には間違っていると思っています。

高いプライドを保つことの難しさ

プライドとは、日本語で「誇り」のことを指し、プライドが高いということは、文字どおり、「誇りが高い」ということです。

つまり、「誇れるような何か」を持っていることが前提であり、
その誇りを守るために、自分を律しながら生きている人のことを、プライドが高い人と言うべきだと思うんです。

誇りとは、自分の信念や美学、技術や能力、仕事の流儀や作品などにについて、これは本当に素晴らしいものなんだ!と、自分自身が強く信じることで生まれる感情です。

そこには、自分への嘘や正当化が入ってはいけません。
心の底から、自分のやっていることは素晴らしいことなんだ!
カッコいいことなんだ!
と確信している人だけが、誇り=プライドを持てるわけです。

しかも、それなりに高いレベルの水準に達している必要があります。
低いレベルでは誇りなど持てないですからね。

いかがですか。
自分に誇りを持つことは、決して簡単なことではないということをお分かりいただけたでしょうか。

その誇りを高いレベルで維持しようとする人のことを、プライドが高い人だとすれば、そんなことができる人は、ごく少数であることが分かります。

ですから、プライドが高いということは、実はものすごいことなんです。

プライドと自己愛は混同されやすい

では、なぜプライドが高いという言葉が否定的なニュアンスで使われているかというと、おそらくそれは、多くの人がプライドと「自己愛」を混同しているところに理由がある気がしています。

つまり、世間的に使われているプライドが高いという表現は、本当は「自己愛が強い」ことなのではないかと。

自己愛とは、ナルシズム的な自分への愛情のことです。

自分を可愛がり、甘やかし過ぎている人=自己愛が強い人と言えます。

自己愛が強い人は、自分を甘やかし過ぎているので、自分が傷つくことを極端に嫌います。

そして、自分を守るために、さまざまな嘘をつきます。

例えば、
明らかに自分の人格や能力が原因で起こっている問題を、他人や世間のせいにする。

努力したり結果を出してもいないのに、なぜか妙な自信がある。

自分の非をを認めず、絶対に謝らない。

何か指摘されると、すぐに怒る。

自分を傷つけた人を困らせるために、ありもしない悪い噂をたてるなど・・

全ては、自分を正当化し傷つかないようにするための嘘です。

自分にも他人にも嘘をつき続けることで、可愛い自分の傷つきやすい心を守っているわけです。

いかがでしょう。

一般的なプライドが高い人のイメージって、まさにこんな感じじゃないでしょうか?

しかし、前述したように、こういう人たちはプライドが高いわけではなく、自己愛が強いだけなんです。

プライドが高いことは素晴らしいことです。
普通に考えて、自分に誇りを持てることは良いことに決まってますからね。

最近、なんとなく体調が悪い・・
と感じているあなたへ
病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・
といったいわゆる不定愁訴や、子宮や卵巣の病気を
できるだけ薬に頼らずに改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    これまで、なんとなく送り返していただけだったので、年賀状を書くことをやめました。

    実は私は、仕事でもプライベートでも、こちらから年賀状を送ることは一切あ…

  2. 世の中の流れ、風潮について

    インターネットが生み出した、偽物が淘汰されていく社会について考えてみる

    最近、改めてインターネットって本当に便利だなと感じています。…

  3. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分に自信を持てるようになる、遠回りで現実的な方法

    以前の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分の…

  4. ストレスマネジメント

    過剰に善意の押し売りをしてくる人たちには、ちょっと注意。「偽物の善意」を見分けるコツ。

    以前、突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのかと…

  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「みんなと同じで安心」という感覚の危険性

    先日、今まで使っていた携帯電話(いわゆるガラケーというやつです)の調子…

最近の記事

  1. ストレスマネジメント

    善意に基づいた行動であっても、想像力が足りなければ、相手を傷つけることがある。
  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分に自信を持てるようになる、遠回りで現実的な方法
  3. 人から軽く扱われないために

    環境が変わっても継続できる人間関係とは?本当の友達とは?
  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    先入観を減らし、物事を俯瞰して見ることの重要性
  5. ストレスマネジメント

    周囲からどう見られるかを気にし過ぎてしまう方へ。過剰な自意識が、あなたの可能性を…
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught Error: [] operator not supported for strings in /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php:150 Stack trace: #0 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php(167): HighlightSearchTerms::get_search_query() #1 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/class-wp-hook.php(286): HighlightSearchTerms::print_script('') #2 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/class-wp-hook.php(310): WP_Hook->apply_filters('', Array) #3 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/plugin.php(453): WP_Hook->do_action(Array) #4 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/general-template.php(2630): do_action('wp_footer') #5 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/themes/mag_tcd036/footer.php(94): wp_footer() #6 /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/k in /home/kikuchiya10/zukansokunetu.com/public_html/wp/wp-content/plugins/highlight-search-terms/hlst.php on line 150