irene-davila-198059

世の中の流れ、風潮について

23歳くらいの時に直面した、お金に関するショッキングな現実

今から約10年前、たしか23~24歳くらいの時に、ふと現実って甘くないんだな・・
と気付いた瞬間がありました。

始めて現実の厳しさに直面した瞬間は、結構ゾッとしたのを覚えています。

当り前だと思っていたことが、全然、当り前ではなかった・・

当時、修業中だった私の給料は相当少ないものでした・・

その中から、年金や健康保険料を払って、趣味や勉強で使うお金や交際費を使うと、手元に残るお金は微々たるものになります。

親のすねをかじって、実家に住まわせてもらえていたので、お金が無くても全く不自由なく生活できていたんですが、ある日、ふと冷静に考えたんです。

「あれ、この給料じゃ、一人で生きていくことさえやっとだな・・」と。

それを知った途端、若くして結婚し、既に家庭を持っていた友人たちや、自分を育ててくれた両親が当たり前のようにしてきたことが「全然、当たり前ではなかった」ことに気付きました。

そして素直に、すげーな・・と思いました。

ある程度お金がないと、自分の理想とするような人生を生きることはなかなか難しい・・ということは、理屈としては理解していたつもりでしたが、身をもって感じ始めたのは、この頃からだったと思います。

私たちは、「見たいものしか見ないし、見たくないものは見ずに生きています」から、意識的に現実を直視しようと努めない限りは、なかなか現実的な判断ができないものです。

そういった意味では、これくらいの頃から、だんだん現実を受け入れられる年齢になってきたのかもしれません。

お金と自立心の関係

できるだけ親に頼らずに自立していこうとすれば、親から受けていた金銭的な援助を断ち、そのぶんを自分の力で補わなければいけなくなります。

つまり、自立するためには、お金を稼ぐ力がある程度必要なわけです。

自立とは、文字どおり、誰かに寄りかかることなく、自分の力で立ち上がることです。

自立するのは大変なことですが、そのぶん人生の自由度が上がり、選択肢が増えます。
(誰かに援助してもらっていると、その人の意見を無視できなくなり、どうしても不自由になります)

そのことが分かってきた時、「お金を稼ぐ力は自立するための力であり、自由になるための力でもある」ことに気付きました。

それは、お金を稼ぐということのイメージが変わった瞬間でした。

もしも、誰かにお金の大切さを伝えなくてはいけない機会があったとしたら、私は、「ある程度お金がないと自立できない」こと。

そして、「自立できないということは、選択肢が少なくなり人生が不自由になってしまう危険性がある」こと。
を伝えると思います。

日本人は気質的に、お金を稼ぐことに関して、あまり良いイメージを持っていないところがありますけど、お金は選択肢を増やし、自由を獲得する手段だと考えれば、だいぶ印象も変わるのではないでしょうか。

20代の前半で、そのことに気付けたのは運が良かったと思います。

綺麗ごとは置いておいて、お金って大切なものですからね。

自分にとって、お金はどういう意味を持っているのかを考えておくと、生き方も変わってくるかもしれません。

最近、なんとなく体調が悪い・・
と感じているあなたへ
病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・
といったいわゆる不定愁訴や、子宮や卵巣の病気を
できるだけ薬に頼らずに改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. OX253EDR6R

    人から軽く扱われないために

    心の中に軸をつくる

    私はあまり人の言うことを聞きません・・ポジティブに捉えれば…

  2. frank-mckenna-140054

    考え方を変えて固定概念を壊す

    あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?

    2016年のお正月は、タレントのべッキーさんと、某バンドメンバーの不倫…

  3. unsplash_5259a34e5d050_1

    ストレスマネジメント

    嫌な事が起こった時、妙な迷信のせいにしてしまうことの危険性

    突然ですが、大切なものを失くしてしまったり、嫌なことがあった時、あなた…

  4. anthony-intraversato-257182

    ストレスマネジメント

    本当の優しさとは? 自分を犠牲にしてまで人に優しくしてはいけない理由

    他人の意見を受け入れられない自分。誰かに嫉妬してしまう自分。…

  5. 3917568301_47752f7cc9_o

    考え方を変えて固定概念を壊す

    落し物や不注意のケガは、心身の不調を訴えるサインかもしれない

    前回の記事で、嫌なことが起こった時のリアクションについて書きました。…

  6. ds5nrbwffsi-larm-rmah

    人間関係

    他人と自分を比較して、落ち込んでしまいがちなあなたへ

    「No.1にならなくてもいい もともと特別な Only one」…

最近の記事

  1. paul-earle-183430
  2. anthony-intraversato-257182
  3. aaron-benson-200753
  4. eberhard-grossgasteiger-299348
  5. dmitry-sovyak-303050
  6. jessica-weiller-75962
  7. andrew-branch-133678
  8. breno-machado-15214
  1. efucatqfbli-hugo-matilla

    考え方を変えて固定概念を壊す

    「努力しなくては結果は出せない」という発想の危険性
  2. tv2gg2kzd1o-spacex

    ストレスマネジメント

    時には怒りを表明しなくてはならない時もあります
  3. joshua-clay-27368

    人から軽く扱われないために

    環境が変わっても継続できる人間関係とは?本当の友達とは?
  4. w_9moguwr08-todd-desantis

    考え方を変えて固定概念を壊す

    先入観を減らし、物事を俯瞰して見ることの重要性
  5. yzwmwf7nv7w-mike-enerio

    考え方を変えて固定概念を壊す

    依存的な人、自信が無い人の多くが、自分の行動に責任を持てない(持たない)理由
PAGE TOP