世の中の流れ、風潮について

一昔前の「普通の生活」を今実現しようとすると、結構努力しないと難しいらしい。普通に生きるのって結構大変じゃんという話

前回の記事で、23歳くらいの時に、お金の大切さに改めて気付いたという話を書きました。

要約すると、当時貧乏だった私は、ある日突然、今の経済力では一人で生きていくことさえ厳しい・・
ということに気付いたという話でした。

そのことに気付いた途端、若くして結婚し、既に家庭を持っていた友人たちや、自分を育ててくれた両親の偉大さを感じたワケですが、他にも気付いたことがありました。

それは、「それまで普通だと思っていた生き方が、全然普通じゃなかった」
ということです。

今思えば、子どもだったなと思いますが、当時の私は、結婚して子どもを作ったり、マイホームを購入することは(値段にもよりますが)、誰もがそれなりに努力すれば叶う可能性が高い、一般的な生き方だと考えていました。

とはいえ、そういう生き方を軽く見ているわけではなく、家族を持つことやマイホームを購入することを人生の目標とした場合。

それを大それた目標だと思う人は少ないはずです。

ある程度堅実に生きてきた人にとっては、決して夢のまた夢というレベルではなく、あくまでも現実的な目標の範疇にあるという意味で、一般的な生き方だと思っていたということです。

それに、ドラマや映画などでは、未だに、結婚して家庭を持つことが平凡な幸せの形だとされることが多いじゃないですか。

子どもの頃からそういう物語に洗脳されてきたせいで、家族やマイホームを持つこと=一般的な生き方だと、なんとなく思っていたわけです。

しかし、現実を直視してみると、今の時代は結婚することさえ普通のことではなくりつつあるようです。

なんと、2030年には男性の3人に1人が生涯独身になるというデータがあるくらいですから・・

当然、マイホームを購入することも難しくなっています。

23歳くらいの頃、ある日ふと、この現実に気付き、ゾッとしたわけですが、その頃の私の年収は、なんと200万円を切っていました・・

そりゃあゾッとしますよね・・

幸いなことに、独立したことで生活できるだけの収入を得ることができ、結婚することもできましたが、万が一、あのまま生きていたら、家庭を持つことはなかなか難しかったと思います。

勇気を持って現実と向き合うことの大切さ

最近改めて、現実を直視せず、雰囲気だけで世の中を解釈するのは危険だな・・と感じています。

「みんなもやっていることだし、自分にもできるだろう」と、なんとなく思い込んでいたけど、実際に取り組んでみたら全然できなかった・・
なんてことはよくあります。

特に、自分の親や周囲の友人が当たり前のように取り組んでいることだったりすると、なおさら「自分にもできそう」と勘違いしやすいものです。

しかし、実際に一人暮らしをしてみたり、就職してみたり、結婚してみたり、子育てしてみたり、家のローンを組んでみたりすると、想像以上に大変で、最初はみんな苦労するんですよね・・

取り組んだことがない人からすれば、当事者たちは、当たり前のことのようにやっているように見えたりするんですが、実は結構努力してるわけです。

ですから、印象だけで、みんなやってるから自分も大丈夫でしょ!
という思い込みを持つことは危険かもしれません。

今の時代は特に、そういう「なんとなく」の感覚を疑わずにいるとマズイです。

たまに、「私は平凡な幸せが欲しいだけで、お金持ちになりたいわけでも、有名になりたいわけじゃないのにうまくいかない・・」

なんてことを言う人がいますが、大抵の場合、そういう人が平凡だと思っている生活水準って、「結婚して子どもを作って、狭くてもいいからマイホームを持って・・」
という一昔前に一般的とされていた生活だったりします。

たしかに、一昔前の世代では比較的、一般的な生活だったかもしれませんが、今それを実現しようと思えば、結構努力しないと難しくなってきているようです。

現実を直視せず、なんとなく生きていると、そういう時代の空気感さえ読み間違えるものですから、やはり、できるだけ現実を現実のままに見ることが大切だと思います。

私のように、現実を知ってゾッとすることもあるかもしれませんが、勇気を持って現実と向き合ったほうが後悔が減るはずですからね。

普通に生きるのって、結構大変なんですよね。

シンプルで
心地いい


心地いいから
シンプルになれる


手当て整体
最新の記事は菊地屋のホームページ内ブログのほうで更新しています。こちらをクリック!

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    自分を変えたいと思った時、目の前に立ちはだかる恐怖心という壁

    誰にでも何か新しいことがしたいと思うタイミングはあると思います。…

  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    落し物や不注意のケガは、心身の不調を訴えるサインかもしれない

    前回の記事で、嫌なことが起こった時のリアクションについて書きました。…

  3. ストレスマネジメント

    どんな辛いことだって、考え方次第でどうにでもなるという話

    2016年の9月に、当整体院のマンションで現在排水管の工事が行われまし…

  4. 世の中の流れ、風潮について

    ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

    はじめまして、手当て整体 菊地屋※院長の菊地です。(※プロのカ…

  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    人間関係のストレスを軽減すれば、病気の症状も緩和しやすくなる

    ご存知のように、現代社会は、ストレス社会と呼ばれ、ストレスは、あらゆる…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはなぜか?自我とエネルギ…
  2. ストレスマネジメント

    明らかに自分が間違っているのに、なぜか謝ろうとしない人の心理
  3. 人から軽く扱われないために

    寂しい人ほど、「自分が幸せなら、他人はどうでもいい・・」という発想になりやすい
  4. 人から軽く扱われないために

    特別な能力を持っていない人の戦い方とは。自分の土俵で勝負することの大切さ。
  5. 身体や病気についての知識

    ストレスで眠りが浅くなっていたり(不眠症)、頭痛が出てしまっている方におすすめの…
PAGE TOP