ストレスマネジメント

人間関係のトラブルを激減させるコツ。言葉という道具を信用し過ぎてはいけない

世の中は言葉で溢れています。

今の時点では、情報伝達の手段として、言葉ほど便利なものはありませんから、これは自然なことだと思います。

しかし、私達が忘れがちなのは、言葉は道具でしかなく、本質的に重要なことは、「伝えるべき中身(情報)だ」ということです。

言葉=道具ということは、他の道具と同じく、「使い方がうまい人もいれば、下手な人もいます。」

使い方がうまい人が操る言葉は、発信側と受取側の間に、見解の違いが起こる可能性が少なく、使い方が下手な人の言葉は、しばしば行き違いを生みます。

自分が意図していたことと、全く違った受けとり方をされてしまい、トラブルに発展したという経験がある方は多いと思いますが、要するに、言葉の使い方がうまくない人は、「情報を正確に伝えることができない」わけです。

言葉を使いこなすことは意外と難しい

包丁の使い方が上手い人もいれば、下手な人もいるように、言葉を道具として捉えれば、その使い方に得手、不得手があるのは当然だということが分かると思います。

しかし、そのことに気付いている人は、そう多くありません。

それもそのはずで、多くの人は、論理的な思考力を必要とするような、小難しい会話なんて普段しませんからね。

何気ない日常的な会話だけで生きていると、特になんの問題もなく情報のやり取りができるので、「自分がどれくらい言葉を操る力を持っているか」なんて気にしないものです。

日本国内で普通に生きていれば、意思の疎通がうまくいかずに困るなんてことは、そうそうありませんし、「自分の気持ちや考えが、ちゃんと相手に伝わっているはずだと思い込んでしまう」人が多いのも無理はないと思います。

しかし、それはちょっと、「自分の言葉の力を信用し過ぎている」と思うんですよね。

おそらく「上手に言葉を操れている人なんて、ほんの一握り」で、ほとんどの人は、そこまでうまく言葉を使えていないんじゃないかと思うんです。

例えばあなたは、友達や恋人、結婚相手とケンカした時に、相手のどこが、どんな風に問題なのかを、上手に言語化して伝えることができますか?

または、自分がイライラしている時、その理由をパートナーにはっきり分かるように、言葉で伝えることができますか?

おそらく多くの人にとって、この作業は難しく感じるものだと思うんです。

そう感じるのも当前で、抽象的な思考を、言葉によって論理的に説明することは、日常的な会話とは異なり、非常に高度な言葉の技術を必要とするからです。

つまり「自分の感情や考えていることなど、そういうゴチャゴチャした抽象的なものを言葉にするのって、本当は滅茶苦茶難しい」ことなんですね。

言葉を鵜呑みにしないほうがトラブルを避けられる

ですから、日頃から、自分の気持ちや思考に注目して、言語化する訓練をしているような人でなければ、自分の頭の中、心の中のことを上手に伝えることはなかなかできません。

じゃあそういう訓練をしている人がどれくらいいるかというと、かなり少数派ですよね?

つまり、ほとんどの人は、「自分の感情や考えていることを言葉にする力が未熟である可能性が高い」んです。

このことをみんなが共有することができると、「人間関係のトラブルは激減する」と思うんですよね。

なぜなら、「自分の気持ちを言葉にすることは、みんな苦手なんだ」という共通認識があれば、言葉の裏側にある、「相手の本音」を探ろうとするじゃないですか。

そうなれば、ケンカになって、キツい言葉を浴びせられても、それが本音ではないことを感じ取れるだろうし。

優しい言葉ばかり使う人ほど、内面にグロテスクな本性を隠していることに気付けるようになっていくので、結果的に人間関係のトラブルが激減するはずなんです。

逆に言えば、人から言われた言葉を鵜呑みにして、そのままの意味で受け止めてしまうからこそ、くだらないトラブルが多くなるんじゃないでしょうか。

自分の気持ちや考えを、上手に言葉にできている人なんて、ほんの少数なんですから、「あまり真に受けないほうが無難」だと思います。

まとめ

言葉は道具でしかなく、本質的に重要なことは、伝えるべき中身(情報)である。

言葉=道具なので、他の道具と同じく、使い方がうまい人もいれば、下手な人もいる。

特に頭を使わずに済む日常会話の中では、問題なく情報のやり取りができるので、自分の言葉の技術がどれくらいのレベルなのか知らない人が多い。

しかし、自分の感情や考えていることなど、抽象的なものを言語化することは、実はとても難しいので、多くの人は、自分の感情や考えを言語化することが苦手=言葉という道具を上手く使えていない。

つまり、言葉を発信する側と受取側の間に、行き違いが起こることは当り前なので、「言葉を信用し過ぎるのではなく、その言葉の裏側にある本音を探ろうとすることが重要」

それができれば、結果的に人間関係のトラブルを激減するはず。

シンプルで
心地いい


心地いいから
シンプルになれる


手当て整体
最新の記事は菊地屋のホームページ内ブログのほうで更新しています。こちらをクリック!

ピックアップ記事

  1. ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか

関連記事

  1. ストレスマネジメント

    明らかに自分が間違っているのに、なぜか謝ろうとしない人の心理

    あなたも経験があると思いますが、自分と違った価値観を持っている人に対し…

  2. ストレスマネジメント

    善意に基づいた行動であっても、想像力が足りなければ、相手を傷つけることがある。

    前回の記事で、過剰に善意の押し売りをしてくる人がいたら、ちょっと注意し…

  3. 人間関係

    誰かに自分の気持ちを上手に伝えたい時、大切にすべきこと

    相手に自分の気持ちを伝えたい時、どんな方法を取るかによって、伝わり方が…

  4. ストレスマネジメント

    ストレスを総量で捉え、少しでも軽減できるように工夫する

    前回、余計なストレスは減らした方が無難だと思いますという記事を書きまし…

  5. 人から軽く扱われないために

    友達が多いほうが楽しくて幸せという幻想について

    「ぼっち」という言葉が物語っている通り、世の中には、一人ぼっち=不幸と…

  6. ストレスマネジメント

    どんな辛いことだって、考え方次第でどうにでもなるという話

    2016年の9月に、当整体院のマンションで現在排水管の工事が行われまし…

最近の記事

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

 

〇半身浴と湯たんぽで冷えとストレスを軽減させるためのブログ

 

さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。

  1. ストレスマネジメント

    どんな辛いことだって、考え方次第でどうにでもなるという話
  2. ストレスマネジメント

    ストレスを総量で捉え、少しでも軽減できるように工夫する
  3. 人から軽く扱われないために

    寂しい人ほど、「自分が幸せなら、他人はどうでもいい・・」という発想になりやすい
  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    目標や計画を立てることは必ずしも良いことなのだろうか
  5. ストレスマネジメント

    忍耐力とは、嫌なことを我慢し続ける力のことではないと思う
PAGE TOP