eberhard-grossgasteiger-299348

ストレスマネジメント

最悪の選択を避けるためにも知っておきたい人間の最も根元的な欲望とは?

赤ちゃんはよく泣きます。

お腹が空いた時、眠い時、おむつを変えて欲しい時、暑い時や寒い時、寂しい時など、何か不快を感じると、泣くという行為を通じて周囲の大人に「この不快をどうにかしてよ!」とアピールします。

大抵の場合、泣き声は小さく控えめなボリュームから始まり、大人の対応が遅れば遅れるほど、その声はどんどん大きくなっていきます。

不快な状態を解消してもらうためなら、疲れようが声がかすれようが関係なく、一生懸命泣き声でアピールするわけです。

身近で赤ちゃんを見ていると、人間の最も根元的な欲望は「不快を避けようとすること」であることがよくわかります。

私たち人間は、実は想像している以上に「不快感に耐えられない生き物」なんじゃないかと思います。

もしかすると、不快感をそのままにしておくことがあまりにも辛いので、大人になる過程で、できるだけ不快感を感じなくても済むようになる術を無理矢理身につけていくのかもしれません。

例えば、感情を抑圧することで、不快感に対する感受性を鈍くしたり(鈍感になったり)

みんなも我慢しているんだ・・とか、親のため、子どものためだとか・・自分の感情を主張するのは社会人として間違っているとか・・、これも修業だ・・とか。

いろんな方法で自分に嘘をつき、無理やり正当化しながら生きている方も少なくないような気がします。
(無意識にやっていることなので、本人は気付いていないことが多いのですが)

近頃、「世の中には、なんでこんなにも無理してる人が多いのだろう・・」と、よく考えます。

私は十代の後半で既に「できるだけ嫌なことをやらないで済むような生き方をしよう」という人生設計を立てていたほどの怠け者なので・・
(ただ、そう生きるための努力はしてきましたけど)

そんな人間からすると、みんなももう少し不快なことを避ける努力をしたほうがいいのではないかと思うのです。

先日、何かと話題のキングコングの西野さんがブログでこんな記事を書いていました。

キンコン西野、CIO退任!

「社会人として」病

嫌なことは嫌だとはっきり意見し行動する人というと、最近では西野さんのことをイメージする方も増えているはずです。

実際、自分の気持ちに正直になって不快なことを徹底的に避けようとすると、今の時代、西野さんのような生き方は一つのロールモデルになりうるとは思います。

ただ・・彼のように生きることはとても難しいですよね。

西野さんは有名人ですし、世間を賑わす発言や行動の大部分は、エンターテインメントとして見るべきであって、一般人が彼の生き方を理想として参考にしたとしても、十中八九うまくいかないと思うのです。

ですから、私たちは小さいところからコツコツと、不快なことを避ける努力をしていけばいいのではないでしょうか。

例えば

不快な気持ちになるSNS(嫌な友達はブロックする)テレビ番組やネットニュースを見るのをやめる。

満員電車に乗らないで済む方法を考える。

通された席が冷暖房の前だった場合、気分が悪くなりそうであれば遠慮せず店員さんに伝えて席を変えてもらう。

接客の質が悪い担当者を変えてもらう。

電車で近くに不快な態度を取る人がいたら車両を変える。

買ってみたけどあまり気に入らなかった商品を返品してもらう。

嫌いな人との付き合いはやめる。

行きたくない集まりの誘いは断るなど、ちょっと勇気を出せば、誰にでもできる不快を避けるための行動はいくらでもあるはずです。

ちょっと注意して、身近にころがっている避けられるはずの不快感を探してみてはいかがでしょうか。

さて、冒頭でもお伝えしたように、私は赤ちゃんと身近に接するようになって、人間の最も根元的な欲望は「不快を避けようとすること」なのだということに気付きました。

これは赤ちゃん限定というわけではなく、そもそも人間は、不快を避けようとする(不便を便利にしようとする)ことで文明を発達させてきたわけですから、おそらく嫌なことを避けようとするのは「本能的な働き」のはずで、それを我慢するとなると、それは自分たちが想像している以上にストレスになる行為なんじゃないかと思うわけです。

エリートと言われるような人でも、仕事のストレスが原因で自殺という最悪の選択をしてしまう人がいるくらいですからね・・

多くの方が「自殺を考える前に仕事を辞められなかったのだろうか」と思ったはずですが、冷静な判断ができなくなるほど不快な状況だったのでしょうし、そこから脱出したいという思いは、命を絶ってしまってもいいと思えるほど強烈なものだったのかもしれません・・

私たち大人も赤ちゃんを見習って、「もう少し真剣に」不快を避けようとする努力をすべきかもしれません。

少なくとも自殺してしまったり、重い病気になってしまうくらいなら、今すぐ不快なことから逃げ出すべきだと思います。

〇関連記事
忍耐力とは、嫌なことを我慢し続ける力のことではないと思う

最近、なんとなく体調が悪い・・
と感じているあなたへ
病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・
といったいわゆる不定愁訴や、子宮や卵巣の病気を
できるだけ薬に頼らずに改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. aleks-dorohovich-26
  2. jytpy32vzmo-ivan-bertona

    人間関係

    突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのか

    ある患者さんから、相談の受け方について聞かれました。話を伺って…

  3. arno-smit-141735

    ストレスマネジメント

    たまに調子が出ない時があっても、自分を責めるべきではない理由

    前回、調子が悪い時や、やる気が出ない時も、過ごし方によっては「収穫の時…

  4. paul-earle-183430

    自分に嘘をつかない生き方

    人間の生と死について、ここまで深く考えたことはありませんでした。

    普通、新年最初に書くブログには、新年の目標や抱負について書くのが一般的…

  5. m9aokwbp29c-tim-wright

    ストレスマネジメント

    善意に基づいた行動であっても、想像力が足りなければ、相手を傷つけることがある。

    前回の記事で、過剰に善意の押し売りをしてくる人がいたら、ちょっと注意し…

  6. sebastien-marchand-9747

最近の記事

  1. paul-earle-183430
  2. anthony-intraversato-257182
  3. aaron-benson-200753
  4. eberhard-grossgasteiger-299348
  5. dmitry-sovyak-303050
  6. jessica-weiller-75962
  7. andrew-branch-133678
  8. breno-machado-15214
  1. ales-krivec-15949

    人から軽く扱われないために

    特別な能力を持っていない人の戦い方とは。自分の土俵で勝負することの大切さ。
  2. u6t80twj1dm-rowan-heuvel

    考え方を変えて固定概念を壊す

    目標や計画を立てることは必ずしも良いことなのだろうか
  3. w_9moguwr08-todd-desantis

    考え方を変えて固定概念を壊す

    先入観を減らし、物事を俯瞰して見ることの重要性
  4. sebastien-marchand-9747

    人から軽く扱われないために

    何かに行き詰まった時、人生なんて「自作自演の映画づくりのような物」なんだと考えて…
  5. frank-mckenna-140054

    考え方を変えて固定概念を壊す

    あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?
PAGE TOP