過去の記事一覧

  1. ストレスマネジメント

    時には怒りを表明しなくてはならない時もあります

    前回の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分のためになるのか?」と自問することが大切だと書きました。注意してほしいのは、決して頭…

  2. ストレスマネジメント

    怒りをコントロールするコツ

    先日の雨の日、家の近くのコンビニに寄った時のことです。会計が終わって店を出ると、私のビニール傘が無くなっていました。ビニール傘はパッと見区別がつ…

  3. 人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つあります。ざっくり言えば、「どんな人と付き合うか」という基準のことです。…

  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    目標や計画を立てることは必ずしも良いことなのだろうか

    新年になると、今年をどんな年にしたいかという目標や計画を立てる方も多いかと思います。世間的にも、そういった目標や計画を立てることは、ポジティブな行い…

  5. ストレスマネジメント

    気持ちが落ち込んでいる時ほど、外の世界を真剣に見てみるといいと思う

    今日のお昼ごろ、なんとなく視線を上げてみたら、空が真っ青なことに気付きました。空気も気持ち良くて、とても心地よく感じました。…

  6. ストレスマネジメント

    周囲からどう見られるかを気にし過ぎてしまう方へ。過剰な自意識が、あなたの可能性を閉ざしてしまう理由

    ダヴ・リアルビューティースケッチ | あなたは自分が思うよりもずっと美しいいつも、「周囲からどう見られているか」ということばかり気になってしまう…

  7. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「努力しなくては結果は出せない」という発想の危険性

    世の中には、努力してうまくいくことと、努力ではどうにもならないことがあります。しかし、なぜか「何事も努力しないと上達しない、結果を出せない」と思…

  8. 考え方を変えて固定概念を壊す

    地域に病院がないほうが死亡率が下がる!?夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ。「覚悟を持って…

    市の財政破綻により市立病院が無くなり、街から救急病院が消えた夕張市。高齢化率45%のなか悲惨な現実が待ち受けるかと思われたが、結果はその真逆だった–。 死亡率、…

  9. ストレスマネジメント

    たまに調子が出ない時があっても、自分を責めるべきではない理由

    前回、調子が悪い時や、やる気が出ない時も、過ごし方によっては「収穫の時期」になり得るという記事の中で、どんな人間にも調子が悪い時があるのは当然だということを書き…

  10. 考え方を変えて固定概念を壊す

    調子が悪い時や、やる気が出ない時も、過ごし方によっては「収穫の時期」になり得る

    たまに、ブログを書く気力がなかなか湧かない時があります。以前は、あまり気が乗らなくても、無理に何か書かなくちゃいけないような気がしていたんですが、無理に…

関連サイト

〇手当て整体 菊地屋

 

プロのカウンセラーやコーチも認める独自のカウンセリングと、人間にとって最も自然で、本能的に受け入れやすい安全な施術法で、心と身体を同時にケアしたい方におすすめの整体院。

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    人間関係のストレスを軽減すれば、病気の症状も緩和しやすくなる
  2. ストレスマネジメント

    忍耐力とは、嫌なことを我慢し続ける力のことではないと思う
  3. 考え方を変えて固定概念を壊す

    母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはなぜか?自我とエネルギ…
  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「努力しなくては結果は出せない」という発想の危険性
  5. 世の中の流れ、風潮について

    「全ての人間は幸福を目指すべき」という真っ当過ぎる価値観に、疲れている人も少なく…
PAGE TOP