ストレスをためないコツ

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    あなたは、無理に「いい人」を演じ続けていませんか?

    2016年のお正月は、タレントのべッキーさんと、某バンドメンバーの不倫騒動でメディアはお祭り騒ぎでした。基本的に、他人の不倫の話なんてどうでもいいの…

  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    これまで、なんとなく送り返していただけだったので、年賀状を書くことをやめました。

    実は私は、仕事でもプライベートでも、こちらから年賀状を送ることは一切ありません。(基本的に、年賀状以外のハガキや冊子のようなものも送りません)年…

  3. ストレスマネジメント

    自殺率と天気の関係。そもそも、私たちの気分や体調は不安定なもの。自分の不安定さを許せる大らかさの重要…

    たまに天気が悪い時期が続くことがありますが、そんな時に、久しぶりに晴れ間を見ると、なんとなく気分や体調が良くなったような気がしませんか?以前、自分が、外…

  4. ストレスマネジメント

    サプライズをされて心底喜んでいる人って、実際はそんなに多くないと思う・・

    前回の記事で、善意に基づいた行動であっても、場合によっては、マイナスの結果を生む可能性があることを書きました。せっかく苦労して準備したサプライズで相…

  5. ストレスマネジメント

    善意に基づいた行動であっても、想像力が足りなければ、相手を傷つけることがある。

    前回の記事で、過剰に善意の押し売りをしてくる人がいたら、ちょっと注意した方がいいかもしれない・・ということを書きました。世の中には、善意に基づいた行動で…

  6. ストレスマネジメント

    過剰に善意の押し売りをしてくる人たちには、ちょっと注意。「偽物の善意」を見分けるコツ。

    以前、突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのかという記事を書きましたが、今回も相談がテーマの記事を書いていきたいと思います。誰…

  7. ストレスマネジメント

    パーソナル・スペースに侵入されることで蓄積する、無自覚のストレス

    都会に住んでいると、人と人との物理的な距離感が、異常なほど近くなり過ぎていると感じることがあります。ギューギューに混み合った満員電車に乗っている時は…

  8. 考え方を変えて固定概念を壊す

    依存的な人、自信が無い人の多くが、自分の行動に責任を持てない(持たない)理由

    前回の記事で、精神的に自立するために、また、自分に自信を持つためには、まず自覚的に行動することが重要だと書きました。まとめると、自覚的な行動 ⇒ 責…

  9. ストレスマネジメント

    時には怒りを表明しなくてはならない時もあります

    前回の記事で、怒りをコントロールするためには、行動を起こす前に「自分のためになるのか?」と自問することが大切だと書きました。注意してほしいのは、決して頭…

  10. 人間関係

    人間関係で失敗したくないなら、誰と付き合うかを「損得勘定」で決めるべきだと思う

    私がプライベートの人間関係の中で、意識していることが大まかに2つあります。ざっくり言えば、「どんな人と付き合うか」という基準のことです。…

  1. 世の中の流れ、風潮について

    ていねいに生きていくということ。これからの時代をどう生きるか
  2. 考え方を変えて固定概念を壊す

    これまで、なんとなく送り返していただけだったので、年賀状を書くことをやめました。…
  3. ストレスマネジメント

    過剰に善意の押し売りをしてくる人たちには、ちょっと注意。「偽物の善意」を見分ける…
  4. 考え方を変えて固定概念を壊す

    調子が悪い時や、やる気が出ない時も、過ごし方によっては「収穫の時期」になり得る
  5. 人から軽く扱われないために

    友達が多いほうが楽しくて幸せという幻想について
PAGE TOP