善意の暴力

  1. 人間関係

    本当に親切な人=さりげない。親切なフリをしている人=わざとらしい

    足を骨折してしまい、しばらく施術をお休みしていたクライアントさん(以下Kさんとします)が、先日久しぶりにお越しになりました。まだ、二本の松葉杖を使い…

  2. ストレスマネジメント

    サプライズをされて心底喜んでいる人って、実際はそんなに多くないと思う・・

    前回の記事で、善意に基づいた行動であっても、場合によっては、マイナスの結果を生む可能性があることを書きました。せっかく苦労して準備したサプライズで相…

  3. ストレスマネジメント

    善意に基づいた行動であっても、想像力が足りなければ、相手を傷つけることがある。

    前回の記事で、過剰に善意の押し売りをしてくる人がいたら、ちょっと注意した方がいいかもしれない・・ということを書きました。世の中には、善意に基づいた行動で…

  4. ストレスマネジメント

    過剰に善意の押し売りをしてくる人たちには、ちょっと注意。「偽物の善意」を見分けるコツ。

    以前、突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのかという記事を書きましたが、今回も相談がテーマの記事を書いていきたいと思います。誰…

  5. 人間関係

    突然、知り合いから重要な相談をされた時、どう振る舞えばいいのか

    あるクライアントさんから、相談の受け方について聞かれました。話を伺っていると、どうやらそのクライアントさんは、上手に言葉を操って、相手の考え方を変えてあ…

  6. 人間関係

    「助けてあげたい」という気持ちの裏に隠れている(かもしれない)歪んだ正義

    突然ですが、あなたは自分の家族や友人が、(一般的に考えて)辛い状況、例えば、死別、失恋、離婚、リストラ、さまざまな挫折などに直面していることを知った時、どんな風…

  1. 考え方を変えて固定概念を壊す

    「君の言ってることはすべて正しいけど、面白くない」という本質を突いたキャッチコピ…
  2. 人から軽く扱われないために

    友達が多いほうが楽しくて幸せという幻想について
  3. 人から軽く扱われないために

    寂しい人ほど、「自分が幸せなら、他人はどうでもいい・・」という発想になりやすい
  4. 物語から学ぶ

    目に見えない「勢い」という力について
  5. 考え方を変えて固定概念を壊す

    母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはなぜか?自我とエネルギ…
PAGE TOP